第5回 いい川・いい川づくりワークショップ  応募団体一覧をご紹介します
                             (2012年9月13日更新)

各ブロックごと、応募順にご案内しています。

北海道
東 北
関 東
中 部
近 畿
中 国
四 国
九州・沖縄
HOME
 *アピールポイント
 ①活動や事業の発想・視点の先進性やユニークさ
 ②地域の歴史や暮らしとの結びつき
 ③“いい川”づくりへのプロセス
 ④工夫した計画手法や技術
 ⑤その他


北海道ブロック
エントリー№ 101 北海道札幌市北区
あいの里付近
所属: NPO法人 カラカネイトトンボを守る会
http://www7b.biglobe.ne.jp/~karakane
茨戸川
(ばらとがわ)
石狩川水系
活動事業名: 川から見る川の自然
         ~カヌーに乗ると、水鳥や魚の気持ちがよく分かる~
アピールポイント:
① 石狩川下流と茨戸川は水質が悪く、「北海道の下水」といわれることもありますが、
その川でカヌー体験、全身茨戸川の水を浴びる活動をしています。 
② 全く茨戸川に近づかなかった人たちや中学生、高校生が茨戸川に親しみを
感じるようになりました。
さらに、夏休みの間避難してきた福島県郡山市・いわき市の小中学生を対象に
カヌー体験を実施したところ、子どもたちは大喜びで自然を満喫していました。
③ 河川事務所や財団の協力が得られているおかげで、カヌーをお借りし、
それを地域の方々や、福島の子供たちにも還元できている


キーワード: ○カヌー  ○体験活動  ○全身水浸し

東北ブロック

関東ブロック
エントリー№301 埼玉県熊谷市久下付近 所属:熊谷市ムサシトミヨを守る会 新規
元荒川
(もとあらかわ)
荒川水系
活動事業名: 
 世界に熊谷市だけに生息している清流のシンボル・ムサシトミヨ
アピールポイント:
①24年3月25周年熊谷市の魚選定記念講演会に320人の参加を得た。
②地域の人達の交流、ムサシトミヨのまんどうみこしをつくり、毎年夏まつり、
盆には自治会を中心にみこしをかつぐ。埼玉県内の大学生、高校生の交流
④現在の生息環境では、近い将来生活排水により環境汚染により生態系に
悪い影響があり、行政にう回水路や合併槽の要望をしている。
④アクリルたわしで一歩一歩昔のような清流に戻したいという思いで日々活動している。
最近二年前から梅花藻の委嘱、川辺をアジサイ通りにしている。

キーワード: ○熊谷の宝ムサシトミヨ  ○地域住民共生 ○活動を次世代へつなげる
エントリー№302 東京都小金井市付近 所属: 東京都立多摩科学技術高等学校 新規
科学研究部 化学班  
http://www.tama-st-h.metro.tokyo.jp/
野川・貫井神社の湧水
(のがわ・ぬくいじんじゃのゆうすい)
多摩川水系
活動事業名: 東京都立多摩科学技術高等学校 科学研究部 化学班
アピールポイント:
国分寺崖線の有する小金井市では豊富で枯れたことのない湧水が「小金井」の
名の由来になっていることなど地域に強く根付いている。
野川と湧水の調査を行なっていくことで、気候などの影響での変化を観察し、
地域の環境保全に役立てていきたい。

キーワード: ○はけ   ○酸性雨   ○腐植酸
エントリー№303 埼玉県熊谷~東京都足立区付近 所属:NPO法人あらかわ学会
http://www.arakawa-gakkai.jp/
荒川下流
(あらかわかりゅう)
荒川水系
活動事業名: 日米さくら交流~ポトマック川との姉妹河川提携へ
アピールポイント:
①残さなければいけない歴史
②地元の歴史・大学の研究・自治体事業とのコラボ
③川を深く知る
④あらかわ学会が団体の接着剤となって大きな事業を行うこと
⑤海外の交流事業の開始

キーワード: ○日米さくら交流100周年事業  ○多分野団体とのコラボ  ○姉妹河川提携
 
エントリー№304 埼玉県朝霞市中流域付近 所属:黒目川に親しむ会新規
黒目川
(くろめがわ)
荒川水系
活動事業名: 人と人とをつなぐ川 
         -子どもたちが遊ぶ川は、きれいになる
アピールポイント:
市民参加による多自然型川づくりをしたことが、多くの人をつなげてくれている。

キーワード: ○川ガキたち  ○人のつながり  ○多自然川づくり
 

中部ブロック
エントリー№ 401 長野県下諏訪町周辺 所属:下諏訪町諏訪湖浄化推進連絡協議会
http://www.kojouren.jp/
諏訪湖
(すわこ)
天竜川水系
活動事業名:神渡る湖 諏訪湖 ~力を合わせて取り戻した郷土の宝~
アピールポイント:
③ 私たちの活動は極めて地味なものです。毎月湖岸に打ち上げられたゴミや
ヨシなどを拾い集めるという活動を黙々と30年以上続けています。
当協議会は郷土の宝をよみがえらせるために、複数の民間団体が結束して
立ち上げたものですが、当初から行政と歩みを共にし、民間主導でありながら、
町全体で行う大きな活動を展開してきました。この活動は、少しずつ、しかし確実に
根付き、諏訪湖を守るという意識は次の世代へと受け継がれています。先人が
ゴミを拾う姿こそが最大の啓発活動となり、それを見て育った子供たちが現在の
主力になっています。
そして、下諏訪町は諏訪大社のお膝元で、御柱祭が有名です。この祭は重さ約8tの
巨木を人間の力だけで曳行しなければなりません。斜度35度の急坂も乗り越えます。
この地域には困難を乗り超えていくときに発揮する、凄まじい団結力があります。
団結する力、継続する力が、湖をよみがえらせる原動力となったと言っても過言では
ありません。

キーワード: ○団結する力 ○継続する力 ○自然が持つ力
エントリー№ 402 新潟県新潟市東区 所属:通船川雪椿普及会 新規
通船川
(つうせんがわ)
信濃川水系
活動事業名: 新潟県の県木「雪椿」で憩いの通船川づくり
アピールポイント:
① 県木「雪椿」を地域資源として活用し新潟らしさをアピール
① 花期の景観観光資源化や低労力油糧植物として活用
② 歴史の中で港町新潟と河口部の変遷を学習
③ まだまだ問題が残されている通船川を市民の憩いのエリアとする為の第一ステップ
④ 以前より連携していた小学校と 今年から地域内の県立大学との新な連携を 
確立して事業の推進に寄与する

キーワード:
 ○県木の利用  ○河川(護岸)の環境改善  ○地域活性化(誇れる地域)
エントリー№ 403 静岡県静岡市 葵区西部  付近 所属:全国環境ボランティアリーダー会 新規
http://www.leader.co-site.jp/
藁科川
(わらしながわ)
安倍川水系
活動事業名: 藁科川絵巻物づくり
      ~流域全体を総合的な視点から見渡す絵地図づくりに向けた試み~
アピールポイント:
① 源流から河口にかけて流域全体の自然や歴史文化、川の構造物など、
現在の藁科川流域の状況をできるだけ総合的に調べた点
② 流域に残る伝説や言い伝え、各地域で行われているお祭りや風習などについて
調べ、川辺や路傍に残る石碑・祠などについても場所の確認や撮影を行った点
③ 調査結果は絵地図として作成し流域の小学校に配布すると共に、この絵地図を
自然観察会などの教材として使用し、藁科川を保全する活動につなげだい。
④ できるだけ偏らず総合的な視点からのデータ収集を心がけたところと、
講師として派遣された観察会などの場も利用して参加者と共に調査を行ってきた点
⑤ 今後も調査を継続してHPといった電子媒体での情報の公開や、流域のお年寄り
などに対する聞き取り調査なども実施したい。

キーワード: ○絵地図づくり  ○流域全体  ○総合的視点による調査
エントリー№ 404 長野県駒ケ根市伊那谷付近 所属:NPO法人天竜川ゆめ会議
http://tenryugawa.grupo.jp/
天竜川
(てんりゅうがわ)
天竜川水系
活動事業名:天竜川ゆめ会議設立10周年記念フォーラム 
       ~天竜川を自信と誇りを持って次世代に引き継ぐために~
アピールポイント:
① 河川環境と地域防災力の両立について国土交通省、長野県、消防団、
NPO代表をパネラーに迎えて議論。
② 天竜川水系をテーマとした写真コンテストも同時開催しより多くの
参加者を募った。
④ 建設系CPD、CPDS対象プログラムとし、当該技術者の参加を図り理念の共有を達成。

キーワード: ○自然や社会的な災害からの回避  ○「河川環境」と「地域防災力」   
 ○いい川づくりと災害に強い地域づくり
エントリー№ 405 長野県上田市全域 所属:上田市 上下水道局 下水道課 新規
http://www.city.ueda.nagano.jp/hp/index.html
上田市全域の水辺
(うえだしぜんいきのみずべ)
活動事業名: 「ホタルマップ」で下水道の「見える化」
アピールポイント:
①下水道は見えずらい、分かりにくいものです。そこで、市民の皆様に少しでも下水道に
興味を持ってもらうため、きれいな水辺の象徴である「ホタル」に着目し、その発生情報を
記載した「ホタルマップ」を作成することにより、下水道整備効果の「見える化」を図っています。
 「ホタルマップ」は、市民の皆様からの情報を頼りに作成しています。
ホタルの発生箇所を地図におとしたマップ面では、毎年ホタル発生情報の募集を行い、
市民や関係団体から寄せられた情報で地図を作成しています。
 また、河川愛護活動やホタルの復活・保護活動を行っている地域や市民団体に
記事を書いてもらい、「地域で行われている活動紹介」として、毎年2団体ずつ紹介しています。

キーワード:
 ○ホタルマップ   ○下水道   ○市民協働
エントリー№ 406 岐阜県笠松市 無道寺河川敷 付近 所属:国土交通省 木曽川上流河川事務所 新規
http://www.cbr.mlit.go.jp/kisojyo/
木曽川北派川 トンボ池周辺
(きそがわきたはぜん
とんぼいけしゅうへん)

木曽川水系
活動事業名: 悪化した河跡湖(トンボ池等)の湿地環境を再生
            ~ 地域の皆さんと連携した環境の維持・保全 ~
アピールポイント:
「トンボ池湿地環境再生検討会」にて地元自治体、団体、住民、学識経験者と話し合っている。
「昔、トンボ池にはわき水が出ていた。」「竹の繁茂は池に光が当たらない、水生植物の生育に
良くない。しいてはトンボの生息環境に悪い。」「草原を再生させるべき」などの意見を聞き、
整備を進めた。また、地域の学校の子供はこうした湿地環境の将来を担う事になる。
環境学習をすることで足を運ぶことも重要。」との議論もした。
笠松町の小学校では環境学習の一環として学校のプールにいるヤゴを捕獲し「トンボ池」に
放流する取り組みを行い、毎回マスコミに取り上げられている。 
こうしたことにより、環境が良くなった段階で地域から「水が綺麗になった。」「環境が良くなった。」
「トンボの種類が増えた。」等と反響が出ている。
今年、新たに侵入した竹を地元中心で伐採する等、連携、協働の輪が拡がりつつある。

キーワード: ○湿地(河跡湖)環境再生  ○地域連携・協働  ○モニタリング・環境学習

近畿ブロック
エントリー№ 501 大阪府寝屋川市 全域 所属:摂南大学 エコシビル部 
http://www.setsunan.ac.jp
淀川・寝屋川
(よどがわ・ねやがわ)
琵琶湖・淀川水系
活動事業名: 摂南大学 エコシビル部
アピールポイント
エコシビル部はもともと土木工学研究部という名前で、摂南大学創設当初からある
歴史の長い部です。1998年にエコシビル部に改名し、土木だけでなく、市民活動や
環境活動に幅を広げてきました。
現在では淀川で月に1度の河川清掃「ぷちクリーン作戦!」を自主的に行っています。
親水活動ではEボートを使用し地域の人々との交流を深め、自然とのつながりを
図っています。その他にも、小学生や地域の方々と共に、環境学習体験を行っています。
例えば、ストーンペインティング・植物を使った工作・料理、生物調査などを通じて、
環境に関心を抱いていただきたいと考え、活動しています。今年は新入部員が約30人増え、
活動の幅を広げています。

キーワード: ○エコシビル  ○つながり  ○Eボート
エントリー№ 502 大阪市中ノ島 所属:大阪府都市整備部河川室 新規
http://www.pref.osaka.jp/kasenkankyo/shokai.html
水の回廊
堂島川、土佐堀川ほか
(どうじまがわ・とさぼりがわ)
淀川水系
活動事業名: 水都大阪の再生(水辺のライトアップで賑わいを取り戻せ!)
アピールポイント:
① 大阪では、官民一体となり「水都大阪 水と光のまちづくり構想」を策定し、
様々な取組を実施しています。そのひとつとして大阪府では橋梁、護岸、
水面のライトアップを行ない、民間では近代建築のライトアップなどを行い、
大阪の魅力ある水辺、都市空間の創造を目指します。
② ライトアップは、デザイン面のみで選定するのではなく、その地区の歴史や
文化にちなんだ工夫を施しており、永く地域に愛され、地区の歴史を想起させるデザインを
施しました。
③ 環境に配慮したLEDによるライトアップを用いており、省電力にも努めている。

キーワード:○都市魅力の向上  ○水辺の夜間景観の創出  ○水辺のにぎわい
エントリー№ 503 近畿地域 所属:近畿「子どもの水辺」交流会 新規
http://www.pref.osaka.jp/kasenseibi/sonota/kodomomizube.html
近畿の水辺
(きんきのみずべ)
活動事業名: 近畿「子どもの水辺」交流会実行委員会
アピールポイント
①本交流会は、近畿の小・中学生が自分たちだけで水辺の活動を発表することに加え、
参加者全員で交流する事で、子どもはもちろんのこと、周囲の大人も水辺について考え、
学ぶ場となり、水辺活動全般が継続し広がるよう期待し、開催されています。
交流会は、国、近畿各府県行政、河川環境管理財団及び市民団体や学生等多様なメンバーで
構成する実行委員会を形成し、企画・運営します。
今年から実行委員会には、水辺活動を子どもの頃に発表した事のある若い世代が加わって
くれるようになり、次世代の水辺の指導者として育ってくれるよう今後の活躍を期待しています。

キーワード: ○近畿規模の取り組み  ○官民共働の多種多様な実行委員会のメンバー 
 ○子どもたちによる水辺活動の発表と水辺団体の交流
エントリー№ 504 奈良県天理市天理市庁舎付近 所属:NPO法人環境市民ネットワーク天理 新規
http://www.kankyoshimin.net/
布留川
(ふるかわ)
大和川水系
活動事業名:川は地域の心の中を映す「鏡」
アピールポイント:
①私たちが活動をはじめた1997年ころ、三者協働による「グラウンドワーク運動」は
静岡県三島での活動以外は、日本ではほとんど知られていなかった。その点で
先進性があると考える。
因に、現在の天理市長は3期目だが、1期目の最初の6月から布留川清掃に
毎年参加されている。
②天理市(旧名:丹波市)はかつて水運と陸運の重要な要所だった。
大和川を利用した水産物、大和盆地で生産された農産物の集積地として機能し、
重要な「市」として栄えた。
その歴史的背景と、農産物を洗ったり水産物の荷下ろし場として利用された「川津」が
布留川清掃活動で見直され、地域再生の河畔景観ポイントとして評価されるようになった。

キーワード:○川清掃   ○協働   ○ホタル再生
エントリー№ 505 京都府南丹市日吉町付近 所属:天若湖アートプロジェクト実行委員会
http://amawakaap.exblog.jp/
天若湖(日吉ダム)
(あまわかこ/ひよしだむ)
淀川水系
活動事業名:天若湖妄想大作戦!
アピールポイント
① あくまで妄想作戦なので、実現できないことでも自由に提案できる。
 「べき論」と「立場」を離れユーモアをもった表現と提案が可能。
① アーティストの参加により、河川空間の利活用やコミュニケーションについての
 意外性のあるユニークな提案がなされている。
② その中から「あかりがつなぐ記憶」のような地域の環境文化を体感させるプログラムが
 生まれ、さらにいくつかの提案が実現しつつある。
③ 妄想自体、ダムを含む上流域の新たな課題と空間魅力について考えるきっかけになり、
 ひいては新たな流域交流プログラムの源泉となる。

キーワード: ○妄想   ○アート   ○ダム湖面利用
エントリー№ 506 大阪府高槻市 所属:芥川・ひとと魚にやさしい川づくりネットワーク
http://akutagawaclub.web.fc2.com/
芥川
(あくたがわ)
淀川水系
活動事業名:
  芥川・ひとと魚にやさしい川づくりネットワーク(愛称:芥川倶楽部)
アピールポイント:
【平成23年度 アユちゃんお帰りな祭の概要≫
第1回 5月: アユの生活史と環境条件 アユの生態と保全に必要な術を専門家から伝授!!
第2回 6月: 魚の調べ方と良い魚みち 百聞は一見にしかず、実際に芥川のアユと魚みちを見学
第3回 10月: アユの産卵場を整備しよう! アユの産卵に適した‘ふわふわ川底’を整備
第4回 11月:アユの卵を見つけよう! ホントに産卵したかどうかを観察 → (^o^)
第5回 2月: アユ、もっと帰って来い! 近傍の取り組み団体も招いて今後の展開を検討
 たくさんのぼった。やったやった~。
 食べた? えっ食べていいの? えっダメなの? もっと増えたらいいの???
 どれだけ増えればいいの? っていうか、どれだけいるの? 目標みないなものはあるの?
 そんな身近な疑問の解決も含め、市民の目線と行動力で、今年も芥川倶楽部は活動中です!! 

キーワード:○市民が主体   ○官民共働   ○持続的な活動
エントリー№ 507 滋賀県 近江八幡市  白鳥町~びわ湖湖岸 付近 新規
所属:白鳥川の景観を良くする会(略称:景観隊)
http://sky484.com/
白鳥川
(しらとりがわ)
淀川水系
活動事業名:
   白鳥川流域を「市民の憩いの場づくり」と「5kmの桜並木づくり」
アピールポイント
◆ポイ捨てごみや雑草で景観を損ねていた問題の白鳥川流域が景観も良くなり
「市民の憩いの場」として親しまれ、3年前より初めて地元小学校児童が川に入っての
環境学習を実施。また鯉のぼり川渡しやメンバーによる手作りの灯りのつくボンボリを
桜に吊り下げ、桜シーズンを盛り上げ「いい川づくり」「元気の街づくり」に貢献。
①川(=水)と云う事で活動日を水曜日に設定、停年退職者を中心に活動推進。
①5kmの活動エリアの為、毎回集合場所は移動(1回当り作業約600m前進)
①参加者は毎回約30名強と安定(毎月景観隊通信の発行、7班1人1役の担当制)
④名勝「5km桜並木づくり」で630本の樹木に番号札で1本1本の育成管理。
④安全作業の為、メンバーが交代で毎回2名(安全保安員)で作業区間をパトロール。

キーワード: ○安全運転  ○1人1役  ○後世に残す名勝5kmの桜並木づくり
エントリー№ 508 滋賀県竜王町付近 所属:竜王清流会 新規
善光寺川
(ぜんこうじ)
日野川水系
活動事業名:河川環境美化作戦 ~子どもたちにきれいな川を~
アピールポイント:
①全長4kmにもわたる河川の草刈りですので、刈っても刈っても生えてくる草との
格闘をしています。春・秋各2日づつ毎回100名を超えるボランティアの方々により
きれいな川の姿を維持していただいています。
③河川環境美化作戦によりきれいになった「善光寺川」で人が集う取り組みを模索中で、
秋には焼き芋大会、夏には魚つかみ大会や流しそうめんを実施しています。
また数年前から、ライオンズクラブ様などのご協力の下、長野県から「花桃」の苗を取り寄せ、
善光寺川一帯を花桃街道にしていこうと整備(植樹)などを行っています。

キーワード:○協働   ○継続   ○挑戦

中国ブロック
エントリー№601 山口県防府市 本橋から小野水辺の楽校付近 所属:水の自遊人 しんすいせんたい アカザ隊
http://park14.wakwak.com/~yoshino/
佐波川
(さばがわ)
佐波川水系
活動事業名: 佐波川からもらった宝物
アピールポイント:
① 子どもたちがみずから立ち上げた隊です。川が好きそれだけでつながる校区を超えた友情。
56㎞の佐波川は、楽しいこといっぱい、不思議がいっぱい、危険もいっぱいです。
いろんなことに出会いながら、川ガキは成長を続けています。
② 防災学習、水質調査、支流探険、ダム見学、上流から下流まで 散策してます。
③ 子ども目線での河川パトロール実施中。川防災の啓発活動中。
④ 子ども達のアイデアで活動を決めています。
⑤ 市内県内から子供たちが集まってきます。川が好きというキーワードであつまった子どもたち、
川からもらった宝物を大切に成長しています。

キーワード: ○川ガキが考える 川ガキの成長 川からもらった宝物
エントリー№602  岡山県 岡山市・真庭市 所属:旭川源流大学実行委員会 
旭川/あさひがわ
(津黒川・宇甘川・児島湾高島干潟)
(つぐろがわ・うかんがわ・
こじまわんたかしまひがた)

旭川水系
活動事業名: ふるさと再発見!流域みんなの旭川源流大学をつくろう!
アピールポイント:
① 流域の観察研究資源を専門家と地元が協力し開発している。
観察会以外に年間通じた調査と環境保全活動を実施。成果を地元に還元。
地元主催行事の開発と応援。
② 川や自然と繋がった地元文化の紹介(今年は珪藻土工場・山乗渓谷不動滝)
③ いい川づくりとは「感動する自然」と「感動する自分」の再発見の場づくり
④ 観察会場の地元と都市部を繋ぐこと。人の出逢い。安全確保と地元後援にこだわる。
中高生・大学生の若者パワーと中高年の知恵を繋ぐ。流域のネットワーク構築。
長く継続したことによる沢山の同志との出逢いが生まれたこと。
⑤ 世界中の人々に来てもらう「源流大学」と「日本川の国ルネサンス」の将来展望。
リタイヤした自然大好き中高年の役割の再発見。救国の農林業の再発見。

キーワード: ○感動する人と自然の出逢い  ○人を動かす力とは  ○継続は出逢いの母、知恵の父
エントリー№603  島根県雲南市木次町北原地先 所属:NPO法人 さくらおろち 新規
http://www.sakura-orochi.jp/index.php?mode=top
さくらおろち湖
(さくらおろちこ)
斐伊川水系
活動事業名: さくらおろち湖(尾原ダム)を丸ごと活性化中!!
アピールポイント:
自転車競技場本部施設(芝生広場+四阿)を利用した夏フェス(野外ロックフェスティバル)を開催し、
ダム周辺に若者の集まる機会を創出する。又、広報活動は主にフェイスブックなどのSNSを
活用しできるだけ経費の削減に努める。

キーワード: ○豊かな自然  ○おもてなしの心  ○神在り月
エントリー№604  岡山県岡山市北区御津虎倉付近 新規
所属:御津(みつ)の「みどり」と「清流」を守る会 
http://blog.livedoor.jp/mitsu_ms_mamoru/
大野川
(おおのがわ)
旭川水系
活動事業名: 
 産廃が来る!!自然の豊かさに改めて感謝!今の自然を守りたい!
アピールポイント:
①自分たちの使っている水の源流に産業廃棄物処分場が建設されることになり、
あらためて自然の豊かさに気がついた。こどもや孫達へきれいな水や自然をひきつぐために、
高齢化がすすむ小さな集落が立ち上がった。
②地域の浄水場までは産廃事業計画地から約6キロ、岡山市42万人の浄水場まで直線で15km、
流路で32km・流域の約6町歩の田んぼの水源であり、命の水が流れる川である。
③何が何でもふるさとの川を守りたい。今の状況を記録しやれることは何でもやる。
④より多くの方達と一緒に考え行動するため、交流を大切にしている。
⑤源流地域への産廃設置には、より厳しい規制を設けるように全国の方と働きかける。

キーワード: ○産廃で豊かな自然を再認識  ○ふるさとの自然を孫達へ  ○水源地への産廃規制

四国ブロック


九州・沖縄ブロック
エントリー№801 福岡県直方市 所属:SWEEP(スウィープ) 新規
遠賀川
(おんががわ)
遠賀川水系
活動事業名: ゴミ拾いからみつろうづくりまで… 
          環境に良いことに取り組んでいます!!
アピールポイント:
・遠賀川水辺館という場を活かした継続的な活動
・大学生が自発的に活動している
・地域の人との継続的な交流
・世代間交流が自然とできている
・複数の大学や社会人が集まっている
・環境問題に対して様々な視点からアプローチしている

キーワード:○環境教育   ○地域交流   ○学生主体

エントリー№802
佐賀県唐津市相知町  町切堰・町切水車 付近 所属:自然と暮らしを考える研究会
http://web.people-i.ne.jp/~suisha/
厳木川
(きゅうらぎがわ)
松浦川水系
活動事業名: いい川づくりの推進から学ぶ新たな課題
アピールポイント:
③ “いい川”いい川(水環境)づくりに向け、地域遺産(水車)の復元、継承、そして周辺の
水辺環境整備を通して、園児たちとの水遊びから、小中・高生との観察~調査の環境学習を
推進してきた。しかし年を重ねるごとに、川の姿に変化が…。
この地域にも豪雨による土石流の被害、昨年の大震災・今の夏の豪雨被害などを身近に体験。
最近は水の循環(山川海)の学習も行っている「命を守る」「地域(内水・外水)防災」
「暮らし方」についても意識が変わりつつある。
② そこで、「水との共生」を考えたとき、昔からこの地に残る「町切水車」から、
また嘉瀬川の「石井樋」などからも、その「ヒント」があるように思う。
そして、私たちも“いい川”づくり活動を活かして“環境調和のとれた町づくりを目指したい。

キーワード:○点・自助   ○線・共助   ○面・公助
エントリー№803 鹿児島県 さつま町・伊佐市 付近 新規
所属:国土交通省九州地方整備局 川内川河川事務所
http://www.qsr.mlit.go.jp/sendai/
川内川
(せんだいがわ)
川内川水系
活動事業名: 分水路のある川まちづくり(川内川激特災害対策特別緊急事業)
アピールポイント:
① H18.7豪雨で発生した大水害を契機に、「川内川激甚災害対策特別緊急事業」に着手し、
防災・減災の観点から多様な洪水防御を立案。近年実施事例の少ない分水路事業を地域との
合意形成を図りながら整備を行う。
② 平安時代の山城(旧虎居城)として利用された要害地に、地形を活かした分水路
[推込分水路]を整備。年間約30万人の観光客が訪れる曽木の滝(景勝地)と融合して
地域の魅力となる多目的要素(景観・観光・アメニティ・防災環境教育空間等)を
創出する分水路[曽木の滝分水路]を整備。
③ 事業計画説明会→(水理模型実験)→学識者委員会・川づくりワークショップ
→地元説明→川まちづくり懇談会 のプロセスでいい川まちづくりを実施。
④ 多様な制度(多自然川づくりアドバイザー)・手法(KJ法を用いたワークショップ、
現況写真、CG、イメージパース、水理模型、部分模型、粘土模型、3D-CAD等)を
活用して計画立案・合意形成を図った

キーワード:○地域との合意形成   ○多様な洪水防御   ○いい川まちづくり
エントリー№804 宮崎県 延岡市 大野町黒岩潜水橋付近 所属:宮崎県立延岡工業高等学校 新規
http://www.miyazaki-c.ed.jp/nobetec/
祝子川
(ほうりがわ)
五ヶ瀬川水系
活動事業名: 川を愛する土木技術者のたまご達と地元企業の挑戦
      ~あゆやなができるくらいこの川の鮎を増やしたい~
アピールポイント:
① 高校の授業時間の中で特別講座「多自然川づくり」を行い、当現場における水辺の工法を検討。
② 生徒の中から6名を選抜し現場において検討した工法を実践。
③ 河川工事に高校生の感性を取り入れた。
④ 事業実施後の河川モニターを生徒が継続。
⑤ 植栽後、エビなどが住み着く様子を確認。高校生からは「工事後に川遊びをする地元の人々を見たとき、
地域のために仕事をするやりがいを感じた。」との声。又、今後も継続して生態系を調べ、サンプルを採取し、
どんな物を食べているか等調査していく予定。

キーワード
○次世代の育成   ○共同   ○多自然川づくり
エントリー№805
大分県中津川 所属: NPO法人レスキューサポート九州新規
http://buzen-no-kuni.ecom-plat.jp/
山国川
(やまくにがわ)
山国川水系
活動事業名: 山国川の減災を目指したネットワークづくり
アピールポイント:
県境を越えた人や情報の行きかう地域で元気な地域を目指している。行政の壁は非常に高く
30年近くの活動でイベントなどを続けてきたが、イベントの成功が地域の元気につながるとは
いえないと強く感じている。
川の素敵さを語る人たちは多いが、九州北部豪雨で山国川流域の被害は想定外の被害であった。
従来、取り組んでいた取り組みがすべて豪雨、ともに流れてしまったという感じで川での遊びや
環境などの取り組み、河川整備などが経験したことのない豪雨になすすべがないことは
自然の力の凄さを改めて感じている。
そこで、今まで活動で防災ネットワークの必要性を訴えてきました。特に自助・共助・公助が
言われていますが、その自助と共助のネットワークの再構築を目指している。川の怖さや
災害に対する事業継続計画や地域継続計画のような災害に強く強制できる社会や地域を
目指している。

キーワード:○安全安心   ○県境   ○防災ネットワーク
エントリー№806 九州及び韓国全羅北道の水辺 所属:日韓大学生交流サポーターズクラブ 新規
九州及び韓国全羅北道の水辺
きゅうしゅうおよびかんこく
ぜんらぶくとのみずべ)
活動事業名: 川づくり・海辺づくりの日韓大学生交流
         -未来の川は私たちがつくる-
アピールポイント:
日本と韓国には政治的対立もありますが、自然環境を考える学生は、それらを超えて手を
携えることが必要です。
交流会では、言葉の壁を乗り越え、お互いの文化の違いを理解し、水環境をよりよくするために
どうすべきかを真剣に議論しています。
交流会が終わった今でも、ソーシャルネットワーキング等を介してつながり、日本と韓国の
川仲間のつながりは年々広がっています。

キーワード
○川仲間   ○技術をつなぐ   ○保護と愛護
エントリー№807 福岡県福岡市城南区・西区付近 所属:はかたわん海援隊 
http://blogs.yahoo.co.jp/gagelard
樋井川・室見川
ひいがわ・むろみがわ)
樋井川・室見川水系
活動事業名: Let’s Action
アピールポイント:
はかたわん海援隊に所属しているメンバーは、全員大学生で土木を専攻しており、そのほとんどが河川・海・雨水についての研究を行っています。
その学んだ知識を活かして活動を行っています。
メンバーの多くが大学4年生ということで大学の講義も少ないため、今年7月に発生した九州北部豪雨では、水害の被害を受けた朝倉市杷木町・柳川市・八女市と災害復旧ボランティアにボランティアが少ない平日に参加するなど、現在行っている活動だけでなく新たなものにも取り組んでいる状況です。

キーワード
○大学生    ○マンパワー   ○都市河川

 北 海 道  東  北 関  東 中  部 近  畿   中  国  四  国   九州・沖縄