第7回「川の日」ワークショップ
“いい川”“いい川づくり”募集!!

川をテーマにした市民活動が全国に広がっています。しかし、市民と行政、どちらも一所懸命なのに、川への関わり方や価値観などが食い違っていたりすることがあります。そこで市民と行政が共通のテーブルについて、「いい川とは何か」を自由で柔らかに探ろうというのが、このワークショップの目的です。では、どのような方法で探ればいいのか。市民(団体)や行政がそれぞれ関わっている川の具体例を募集して、「公開選考会」という手法で評価しあいます。2日間にわたり、グループ別選考、復活選考、全体選考という段階を経て評価します。
7月7日「川の日」の記念行事として1998年にスタートしたこのワークショップは、これまでに約450件の応募があり、毎回400名以上の参加者が一堂に会して活発な論議が繰り広げられてきました。また、当初の川中心の取り組みから最近では源流域や用水路、湖沼、河口域、海浜といった多様な水辺での取り組みに拡大、韓国のNGOや、地域ブロック大会の優秀作品、学生スタッフの参加など、異分野、国際、流域、世代間交流を図り開催しています。
今年も「川の日」ワークショップは、全国各地で展開している川やさまざまな水辺での取り組み、事業に呼びかけます。これまで同様、“いい川”“いい川づくり”の視点を基本としながら、「環境改善」「川に学ぶ」「福祉」「パートナーシップによる取り組み」「安全な川づくり」など、さまざまなテーマや所属、世代を問わずご応募ください。



●主   催:「川の日」ワークショップ実行委員会 
●協力団体:NPO法人 全国水環境交流会,社団法人 日本河川協会,NPO法人自然環境復元協会
●日   時:2004年 7月10日(土)午後1時開会 11日(日)午後4時頃閉会
       *7/10:午後1時開会〜午後5時(全体集会,一次選考)、午後7時から懇親会
       *7/11:午前8時〜午後4時(復活選考,二次選考及び公開討論会など)*時間は予定
●会   場:国立オリンピック記念青少年総合センター http://www.nyc.go.jp
          (渋谷区代々木神園町・新宿駅から小田急線 参宮橋駅より5分)


「川の日」ワークショップとは? −公開選考会の目的と方法−
“いい川”って何だろう? ・・・みんなで意見を出し合い、それぞれの川の「タカラモノ」に光を当て、「“いい川”“いい川づくり”とは何か」を探ります。そうしたプロセスの中で、知恵や勇気を分かち合いながら、共通のイメージを育んでいきます。
○ 応募者は・・・自由な表現方法で発表、アピールします。1件発表3分・質疑7分という限られた時間の中で、工夫を凝らし発表してください。日頃の取り組みを発表すること、そして意見交換、参加者との交流を通じて、新たな発見、取り組みのエネルギーをつかんでください。
○ 選考会のプロセスは・・・概ね、一次選考(グループ討論)、復活選考、二次選考(全員が一堂に会して行われる選考会・会場と一体となった公開討論会)となっています。この過程の中で“いい川”“いい川づくり”について、参加者とともに議論を深めていきます。
○ 選考は・・・実行委員会から選ばれた選考員(市民、行政、学識者など)が中心になって行います。さまざまな視点から総合的に評価しますが、選考を通じて “いい川”“いい川づくり”の新たな視点や評価のポイントを探りだすこともワークショップの大きな目的の一つです。
○ 称え合う!・・・選考は優劣を決めるものではありません。2日間を通した合意の深まり、育みあいのまとめとして、グランプリや入賞作品を選び出します。入賞者には、実行委員会よりオリジナルの表彰状や副賞を贈呈し、ワークショップの成果を称え合います。



■その他
・このワークショップの目的は、“いい川”のイメージをお互い共有することにあります。従って2日間フル参加を原則とします。これまで既に参加した方の再応募も歓迎します。
・7月10日(土)の夜、交流懇親会を行います。二日目の選考の重要なアピールの場ともなりますので、ぜひご参加ください(参加費:1人3,500円程度)。 
・7月10日(土)の夜、国立オリンピック記念青少年総合センターに宿泊希望の方は、様式1に記入してください(1泊2,500円ぐらい)。*発表者分を優先します。多数の場合はご希望に添えない場合があります。
・市民の応募者で遠方の方は、旅費の一部負担を考えています。行政の方は自己負担にてお願いします。詳しくは応募者にお知らせします。



<応募ならびに問い合わせ先>
「川の日」ワークショップ実行委員会事務局 (山道 省三)
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前1-20-14-301 TEL:03-3408-2466  FAX:03-5772-1608
Email:kawanohi@mizukan.or.jp
URL:
http://www.mizukan.or.jp/kawanohi/kawanohi.htm

「川の日」ワークショップ トップページへ