第7回「川の日」ワークショップ 参加チーム一覧
2004年6月30日現在(最終更新)

北海道
東 北
関 東
中 部
近 畿
中 国
四 国
九州・沖縄
HOME


北海道ブロック
No.101 北海道
北海道帯広市
活動・事業名:プロジェクトSeseragii
http://homepage2.nifty.com/near-nature-net/index.html
十勝川水系 札内川・帯広川
所属:NPO法人 十勝多自然ネット

アピールポイント:
@市民参加型の川づくりに土建屋の実行力(機械力・経験等)が加わったこと
@新たな公共事業を創出したこと

キーワード:土建屋チーム・新たな公共事業・グランドワーク

No.102 北海道
釧路市・釧路町・標茶町・鶴居村・弟子屈町 付近
活動・事業名:日本最大の湿原を守れ!〜地球上にいるのは人間だけではない〜
http://www.ks.hkd.mlit.go.jp
釧路川水系 釧路川(釧路湿原)
所属:国土交通省北海道開発局釧路開発建設部 治水課
アピールポイント:
地域の様々な主体の参加と協力を促すため、釧路川の管理の一部を住民ボランティアによって行う川レンジャー制度の導入や、釧路湿原の大切さを知ってもらうための市民講座の開催、地域住民の方々との対話を目的とした各種シンポジウムや意見交換会など、住民参加を促進。
過去には不要の土地とされていた釧路湿原が、実は貴重な生態系の宝庫であり地域が誇るべき財産であることを地域に広く認識してもらう観点で事業を展開。
湿原の保全・再生のためには湿原域だけの取組みでは困難であるため、流域全体を視野に入れ、湿原域だけでなく流域内の様々な関係者が参加する枠組みを構築。
釧路湿原の課題は生態系や生物多様性だけではなく、流域の土地水資源管理の課題でもあるため、生態学系的アプローチと同時に、流域の健全な水循環系の構築という観点でプログラムを作成。

キーワード:生態系・住民参加の促進 行政・NGOの連携
No.103 北海道
北海道ニセコ町宮田小学校付近
活動・事業名:れゆけ、ふるさと川調査隊〜ルベシベ川工事を追え〜
尻別川水系 ルベシベ川
所属:ニセコ町立宮田小学校
アピールポイント:
・子どもの目線で追究活動を行い、その結果「工事=悪」という結論を一度はだすものの、ルベシベの過去を知ることによって、洪水から田畑を守るためにはこの工事は必要だったとの葛藤が起きた。
・環境を守ることと災害を防ぐことの両方をうまく成立させるためには…と子どもなりに大いに考えた。
・役場の方の協力により、リアリティのある現実社会の問題を学習することができた。

キーワード:調べる・考える・行動する
No.104 北海道
北海道帯広市十勝川と札内川の合流点
活動・事業名:「十勝川 川づくりワークショップ」
http://www.ob.hkd.mlit.go.jp/hp/kakusyu/tokachi_ws/index.html
十勝川水系 十勝川
所属:国土交通省北海道開発局帯広開発建設部治水課 河川環境係
アピールポイント:
計画作成段階の透明性を高めるために、WS形式の特徴を活かし、全くの白紙の状態からメンバーの方々に環境保全・利用と治水が融合した案を考えていただくという方針で望んだ。
計画のイメージとして、元の流路の水際の自然を残すために、中州に洪水の時のみ水が流れる様に掘削することにした。また、大小の池を配置し、法面の勾配は緩くし、釣りやカヌー等の自然活動ができるようにした。

キーワード:ワークショップ・治水・環境


北海道
東 北
関 東
中 部
近 畿
中 国
四 国
九州・沖縄
HOME


東北ブロック
No.201 岩手県
岩手県盛岡市岩手公園付近
活動・事業名:未来に向かって−「夢の中津川」をつくろう−
北上川水系 中津川
所属:盛岡市立杜陵小学校
アピールポイント:
・学校のすぐ前の川をもっとすてきな川にしたいという願いから学習を進めていく内に川やそこにすむ生き物をそれまで以上に好きになり、大切にしたいという気持ちが強くなった。
・課題解決に向けて施設見学や研究者、市民団体、行政の方など多方面、多数の方々と関わりながら体験活動を重視して学習してきた。
・給食の食べ残しをしない、川や公園に行く時はゴミを拾うなど、実行、継続。・川の浄化を広く呼びかけるために歌を作り、学習発表会では学習成果を劇化。
・ヨシ学習のために修学旅行で宮城県北上町(北上川河口の町)を訪問。

キーワード:夢の中津川・豊かな自然・実行できること
No.202 青森県
青森県三戸付近
活動・事業名:植林事業 広葉樹で森をつくりふるさとの森と川と海を守り動植物との共生を図る
馬渕川水系 馬渕川
所属:馬淵川グランドワーク
アピールポイント:
@馬渕川グランドワークの中に農家の方が沢山入会しているので、作業が非常に順調に進んだ。特に三戸町の7人の農家が整地から実生苗の育成、重機を使っての穴掘りなど積極的に作業を進めてくれたため、植林がスムーズに進んだ。
A三戸町には、南部氏の拠点三戸城があり観光客もある。又、都会(神奈川県)から移住して来ている方々もあり、今後も希望者が増えそうだ。三戸役場も協力してくれた。
B森をつくり洪水から川を守り、森からの栄養分で川を活性化させ、更に海も活性化させ、それぞれの魚類を元気づけるその一連のメカニズムをつくり上げるため、子ども達と共に50年100年の大計を後世に引き継いで行く。
C実生苗の育成

キーワード:ふるさとの森と川と海の保全・多様な動植物との共生・市民と子ども達とで百年の大計
No.203 岩手県
岩手県一関市木北上川付近
活動・事業名:Kappa Club 関工 (「地域づくりへのアプローチ」から多角的流域交流を目指して)
http://www2.iwate-ed.jp/ict-h/index.html
北上川水系 北上川
所属:岩手県立一関工業高等学校 土木科
アピールポイント:
ソフトとハードの融合から「流域交流」をテーマに私達の川を見つめます。川をみんなで見つめることをテーマに、河川情報マップと携帯電話を活用して、Web掲示板に、位置情報を含めたデータベースをテーマ毎に投稿形式で作り上げていく。データはみんなで閲覧できアイ・マップでは、QRコードを添付し、携帯電話による認識で位置情報や写真メール等が簡単に使用できる。地図情報は、Webともリンクさせており、携帯電話やパソコンで写真情報の掲示板を作成し広域な北上川情報を提供する。最終的には、水辺プラザとの連携の中で、製作したマップを利用した、川下りや、散策の中で流域交流会を実施し、さまざまな様子をWeb投稿という形でHPを運営しながら、私達の「地域づくり」教材として活用し、将来公共事業に携わる者としての資質向上を目指します。

キーワード: 「MAP」と「Web」と「携帯電話」

No.204 山形県
活動・事業名:水辺の散乱ゴミ等の指標評価づくり
最上川水系最上川
所属:国土交通省山形河川国道事務所/NPO法人パートナーシップオフィス
アピールポイント:
@これまで指標化が困難だった水辺の散乱ゴミ等について、新たな環境指標としての手法を提案できた。
Bこの指標評価手法によって、水辺の散乱ゴミ等が河川等へ与えている環境負荷額の算出を可能とした。また、河川等の水辺の環境改善に取り組む諸活動の成果を客観的に評価したり、上下流や他所との比較など、広範囲な活用を期待できる。
Cだれでもが調査できる簡便な手法といえる(一人でも可、写真撮影を基本とした点など)。

キーワード:新環境指標・水辺のゴミ・河川環境調査
No.205 福島県
福島県いわき市田人町付近
活動・事業名:総合的な学習の時間「つばさプロジェクト」 … 田人町の水をプラナリアにきいてみよう!
鮫川水系 別当川・荷路夫川
所属:いわき市立田人第一小学校
アピールポイント:
@水生生物プラナリアについて知る(再生実験,数多くの専門家や卒業生との交流から) →プラナリアの生態調査から地域の自然環境をより一層身近に感じとる。
@自分たちの住む地域を継続的かつ多面的に見つめ,課題を追究する。〈視点1〉地域を「プラナリア」の視点で見つめる。〈視点2〉地域を専門的な知識をもった人々との交流を通して見つめる。〈視点3〉地域を他地域との比較を通して見つめる。→地域の自然環境の特色を感じとり,自地域に対する誇りと愛情を育んできた。
A地域社会への情報発信・交流(今回も,学級全員で協力し合い,発表します) 社会参加型の活動(表示板設置・ごみ拾い),研究発表会の企画・実施,参加

キーワード:水生生物プラナリア・専門家との情報交流・地域への情報発信
No.206 秋田県
秋田県秋田市
活動・事業名:秋田市古川浄水池における外来種駆除および河川清掃の取り組み
雄物川水系 古川浄水池
所属:秋田淡水魚研究会
アピールポイント:
官・民・一般・漁協・ボランティア団体が一体となり、河川環境への関心を持って頂き親しみのもてる場をめざし取り組んでいるものです。参加者も昨年以上に増えて来ており、少しずつ環境への意識の向上が窺えます。内容は、数十人で沼に入り地引網を引きブラックバスを捕獲する人また、秋田県を画いた沼の周辺一帯をゴミ拾いする人など大きく2班に別れて行動します。捕獲したオオクチバスは、切腹し胃内容物を参加者に見て頂き、その実態を把握して頂くというものです。また、昼食には、ブラックバスの試食会を行いキャッチ&イートとリリース禁止を強くアピールしております。また、ゴミ清掃は国土交通省・秋田市の協力でゴミ袋・軍手の提供の他ゴミ回収まで御協力頂いております。今後は、この活動を継続し少しでも多くの皆様に参加者して頂きたいと思っております。

キーワード:沼の現状把握・河川環境への意識向上・在来種の保全
No.207 宮城県
宮城県仙台市北部付近
活動・事業名:仙台天水桶、浸透枡の普及活動(女は仙台天水桶・男はザル)
七北田川水系 梅田川
所属:仙台リバーズネット・梅田川
アピールポイント:
モルト樽から天水桶への再利用にあたっては種々解決しなければならない課題も多い。当会ではH7年からの経験を基に年々使い易くしかも管理の楽な天水桶へと改良を加えてきており、今年度からは「改良型」の普及に乗り出している。

キーワード:雨水利用・貯蓄・浸透

No.208 福島県
福島県郡山市富田町付近
活動・事業名:思いやりの心を育て、つなぎ、広める環境浄化活動
        〜学校・地域・NPO・行政・企業が連携したEM(有用微生物群)による環境浄化作戦〜
阿武隈川水系 亀田川
所属:郡山市立郡山第六中学校  自然科学部
アピールポイント:
B思いやりの心を育てる“いい川”づくり−EM亀田川浄化活動プロセス
(1)思いやりの心を育てる T ○自然科学部20名でスタート→○全校生890名による浄化作戦活動→○自   然科学部による水質変化調査→○データの公表及び川への思いやり啓蒙活動
(2)思いやりの心をつなぐ  ○PTA共催地域社会奉仕活動として展開→○NPO及び地元企業によるEM   亀田川浄化活動への参加→○世界子ども水フォーラムフォローアップin宮城に参加申込
(3)思いやりの心を広める  ○「水質浄化学習プログラム」「わくわく逢瀬川水質調査隊」テキストの活用   →○地元小学校・町内会のEM浄化活動への協力→○地域づくりサポートチ   ーム「逢瀬川ふれあい通り」への参加・発表→○全国こどもエコクラブ発表

キーワード:EM環境浄化・河川浄化活動・連携拡大
No.209 福島県
福島県郡山市富田町付近
活動・事業名:逢瀬川ふれあい通り「かわ塾」(川に子供の歓声を取り戻したい。)
阿武隈川水系 逢瀬川
所属:逢瀬川通り実行委員会
アピールポイント:
・川の遊び方や川に関する事項を系統的に学習できるよう、カリキュラムを整きちんと定め、月一回定期的に実施している。
・ 流域という視点で、植林や米作りも行っている。
・ 平行して、指導者養成のためのリバーマスタースクールを実施している。

キーワード:子供と川との関わり・流域・指導者養成
No.210 秋田県
大曲 仙北 横手 平鹿 湯沢 雄勝 付近
活動・事業名:川大好き!表現運動・ダンスコンクール/1人でも多くの人に川を見つめて欲しい。川は見つめられほどに美しくなる。
雄物川水系 雄物川
所属:川・水辺に親しむ会
アピールポイント:
川の情景をイメージして踊ってもらうので、発表に先立ち、川の何を表現しようとしたのかを生徒たちに説明紹介してもらう。作品を創作するにあたっては川をよく観察し、川のありのままの姿を見極めて表現する必要があり、その過程において生徒達が川への関心、愛着心を深めるとともに自然環境の豊かさと恐ろしさを知り、河川美化の意識と河川整備の必要性についての認識を育んでもらうことを目的としている。

キーワード:


北海道
東 北
関 東
中 部
近 畿
中 国
四 国
九州・沖縄
HOME


関東ブロック
No.301 栃木県
栃木県河内町今市市付近
活動・事業名:「春の小川」の復元と「魚の駅」の普及・いい川づくりは人間の心の成長
http://www.geocities.jp/kajikaken/
利根川水系 西鬼怒川・大谷川
所属:河内町自然環境研究会(カジカ研)
アピールポイント:
☆活動や事業の発想・視点の先見性やユニークさ及びいい川づくりへのプロセス 懐かしい春の小川の風景を、剥離した表土から人の知恵と自然の回復力を継続と言う行為により、造り、学習に利用している。
☆工夫した計画手法や技術 五十里ダムの漂流木・河川や里山の伐採木・屋敷竹等「何れも現在社会の厄介物」を昔から河川の整備に役立ってきた「粗朶工法」により、厄介物同士を組み立て河川に沈め「魚の駅」として魚のサロンをつくり、「フナ」「ハヤ」「ヤマメ」等が世代交代をするようになった。 この地域では「水草」と言えば「バイコモ」が代名詞であり、「バイカモ」を「線路」に見立て、粗朶沈所を「魚の駅」に全国の河川をネットワーク出来ればと考えている。

キーワード:待つ・耐える・信じる
No.302 東京都・神奈川県・千葉県
活動・事業名:SAVE21ぐるぐるめぐる東京湾ラリー
http://www.yasumoto.com/save21/
東京湾
所属:SAVE21実行委員会
アピールポイント:
東京湾は広く、自然環境や市民活動の形態も沿岸各地で異なります。今回のワークショップでは、河口域の広大な自然環境、都会の人工的な環境、開発の中に残された自然という三つの異なった場所において、それぞれの地域で活動する人々の協力を仰ぎながら、音という身近でありながら見過ごしがちなテーマを用いた学習を行いました。ぐるぐる巡ってみたからこそ知ることができた、分かることができた、考えた。そこから海と川とのつながりも見えてきました。

キーワード:東京湾・音・環境学習
No.303 埼玉県
埼玉県戸田市川越市桶川市北本市坂戸市など24市町
活動・事業名:荒川エコロジカル・ネットワーク
http://www.ktr.mlit.go.jp/arajo/
荒川水系 荒川
所属:国土交通省 関東地方整備局 荒川上流河川事務所
アピールポイント:
荒川エコロジカル・ネットワークの構築とは、ビオトープを個々に整備するのではなく、荒川を背骨として、荒川に流入する水路や隣接する自然地を介し、沿川地域にも自然環境をつなげ、ビオトープのネットワーク化を図るものである。
これにより「生物の拠点間移動を可能とすることによる種の絶滅リスクの軽減」「広い生息域を必要とする種の生息」等が可能となり、種及び生物の多様性保全が図られるものと考えている。(この様な取組みは全国唯一であると思われる。)
また、整備しているビオトープについては、人の立ち入りを禁止するものと環境学習の場として利用するために人の立ち入りを前提としているものに分けて管理している。この内、後者については、行政と市民が一体となった保全管理活動を行っている。


キーワード:ビオトープ・エコロジカル・ネットワーク・種の保全
No.304 茨城県
茨城県・栃木県・那珂川流域全体
活動・事業名:誇りと親しみを持てる清流那珂川をめざして
http://www.machinoeki.com/nakagawa/
那珂川水系 那珂川
所属:那珂川流域連携協議会
アピールポイント:
@流域全体をフィールドとした体験活動は、地域特性を活かしたものとして各地域で独自に展開されている(「森の楽校」や「川の楽校」、「海の学校」など)。流域の体験活動の中でも、最河口部にあたる大洗町での「海の学校」は地元のおやじの会(アイアンキッズ支援隊)がベースとなり、今年度よりNPO法人「海の大学」として発足。流域の市町村による「うみやま交流」から発展し、流域の子ども達をはじめ、多くの子ども達に自然体験をしてもらうことを目的に事業を展開している。このような流域をイメージした連携・交流の取り組みや、各プログラムを地元に住み、それぞれの分野で秀でた方々が担当しているという身の丈にあった活動を継続していこうという姿勢が大切だと思われる。

キーワード:流域連携・体験活動
No.305 神奈川県
神奈川県戸塚市戸塚区戸塚駅付近
活動・事業名:頑張れミズキンバイ!! 救え、絶滅危惧種! 〜大学生の奮闘〜
http://hp.brs.nihon-u.ac.jp/~ryokuchi/
境川水系 柏尾川
所属:日本大学生物資源科学部 緑地・環境計画学研究
アピールポイント:
@,B− 本活動においては、学生たちが都市河川に残存するミズキンバイという絶滅危惧種の保全を旨に、駅のホームや護岸から訝しげに見る人たちの視線に負けず、情熱的に調査をおこなっています。整備された河川に適応した中州の植物の生態を解き明かし、またそこの希少種を保全するための策を講じることは、今後の在来河川植生の保全、またいい川づくりの推進においても現在必要とされている事と考えます。わたしたちの柏尾川での調査活動は、治水事業によって生活の安全が守られる一方、川辺に生育する在来の野生植物を減少に追いやってしまったという事実を体験することができ、学生の専門的知識の習得に留まらず倫理的学習の場ともなっているのです。ミズキンバイは柏尾川の「タカラモノ」であり、また日本の「タカラモノ」でもあります。若い世代の大学生が中心となって、本種を後世に残していきたいです。

キーワード:ミズキンバイ・学生による調査活動・絶滅危惧種の保全

No.306 神奈川県
神奈川県横浜市保土ヶ谷区付近
活動・事業名:発見!帷子川
帷子川水系 帷子川
所属:横浜市立岩崎中学校 科学部 
アピールポイント:
@・川の遊び方や川に関する事項を系統的に学習できるよう、カリキュラムを整きちんと定め、月一回定期的に実施している。
・ 流域という視点で、植林や米作りも行っている。
・ 平行して、指導者養成のためのリバーマスタースクールを実施している。

キーワード:行政との関係


北海道
東 北
関 東
中 部
近 畿
中 国
四 国
九州・沖縄
HOME


中部ブロック
No.401 静岡県
静岡県志太榛原地域(島田市を含む流域の9市町)
活動・事業名:大井川みずがきネットワーク 水源保全で海・川・山づくり
ガキ大将集団による地域密着型みず集めの旅が流域住民の心を豊かに!
http://www.apeo.co.jp/river/
大井川水系 大井川
所属:大井川流域ネットワーク

アピールポイント:
@異年齢で構成し、子どもが徒党を組んで水辺で遊ぶ、昔なつかしい、ガキ大将集団の復活と「水と子ども」でつなぐ流域連携のネットワーク活動
@流域連携に新たな展開を示した大井川子ども水源保全基金の設立。
A失われつつある地域の宝物(流域資源)を住民や他団体と一緒にエコアップ、地域の歴史文化を地域の人から子どもたちに伝承。
B自然性よりも利便性・快適さを多く望む社会に子どもの遊び・体験学習を通じて地域の宝物(原風景)の素材の大切さ(水辺や里山)を再認識。
D最近、全国共通の遊びや体験学習が伝統的な地域特性を活かした遊びを飲み込もうとしている。そこで、流域や郷土ならではの伝承を守ろうと、大井川流域ならではの地域密着型環境教育を行った。(秘密基地づくり、川のぼりなど)

キーワード:地域密着型環境教育!大井川子ども水源保全基金!流域エコアップ!
No.402 長野県
長野県飯田市天竜川の川べり
活動・事業名:ドキドキ体験 天竜川総合学習館“かわらんベ”
http://www.tenjo.go.jp/kawaranbe/
天竜川水系 天竜川
所属:天竜川総合学習館「かわらんべ」
アピールポイント:
毎週土曜日の午前中に開催されている「かわらんべ講座」は、地元の子ども達が毎週20〜30名集まる人気講座で、飯田市周辺の小中学生を中心に年間延べ1500名の参加をいただいております。天竜川の自然・防災・風土・文化について学習する機会になっており、参加した子どもたちは、実際に河原に出てみたり、草花を採取して図鑑で調べたり、顕微鏡で観察したりするなどの体験型講座を通じて、学校の勉強では得られない経験を積み、知識を得ることができます。 特に天竜川と周辺の支川では、堤防・水質調査・植物・漁の道具と方法・石ころの種類・気象・沢歩きなどの講座を実施しております。

キーワード:ふるさと体感学習・地域コミュニティー・防災拠点
No.403 静岡県
静岡県静岡市富沢付近
活動・事業名:静岡みずがき倶楽部(カッパと悪がきの交流会)
http://www.ryuikinet.gr.jp/shizuoka/
安倍川水系 藁科川
所属:しずおか流域ネットワーク
アピールポイント:
@ みずがき倶楽部は以下の点を特に力点を置いて実施する。
・ 年間(12回)を継続することを基本としている。(イベント化の廃止)
・ ふりかえりに重点を置き、年1回の寸劇発表を行っている。
・ 全国、地域での発表の場を極力活用し、積極性を身に付ける。
・ 中学生以上はジュニアリーダーとして活躍
・ 年齢混在のグループ分けにより強調、協力の精神を養うとともに主体性を身に付ける。
・地域交流(中部地域みずがき交流会、川自慢大賞など)を主体的に実施・参加

キーワード:環境・主体性・協力
No.404 愛知県
愛知県全域
活動・事業名:「愛知のメダカの学校調査」
http://www.pat.hi-ho.ne.jp/imaeda-q/

http://www.cbr.mlit.go.jp/chugi/index.htm
愛知県下全域の河川、水路、湖沼、水田
所属:リリオの会、国土交通省中部地方整備局中部技術事務所(官民協働) 
アピールポイント:
@・調査団体が環境省や文部科学省ではなく国土交通省であること。5年間の間に担当者が何度も変わったにも関わらず引継ぎがスムーズで行政の協働としては最良の形となった。・国と地方を含む行政、民間企業、教育関係、学識者、市民団体、個人と幅広い協同が実現され、環境学習や農林水産省と共同の「身近な水域における魚類等の生息環境改善のための事業連携方策の手引き」の方向性へと継続されている。
B 基本的にはメダカの飼育法には触れず、どのような環境でメダカが生息できるのかと言う観点から調査結果をまとめることができた。
C ・単なる生息調査にとどまらず、尾張部と三河部のメダカの遺伝子の違いまで確認することができた
キーワード:官学民協働・DNA鑑定・市民団体の夢を役所の予算で実現
No.405 三重県
三重県上野市小田町下温井 木津川右岸 国道163号線新長田橋東詰 遊水地内
活動・事業名:いがうえの大戸川生活排水浄化パートナーシップ事業/パートナーシップによる中小河川の浄化実験
淀川水系 大戸川
所属:いがうえの大戸川生活排水浄化パートナー協議会
アピールポイント:★ 市民提案のパートナーシップ事業です。
★ 中小河川の浄化により本川・木津川の汚濁を防ぐ。
★ NPO、地域住民、行政が自ら手を汚し、汗をかいて水質浄化に取り組む。
★ NPOが国・県・市をつないでネットワークを構築。
★ 上流・中流・下流のNPO連携・実践による維持管理システム構築をめざす。
★ 伊勢湾・大阪湾の浄化・再生に向けて、継続的水質モニタリングを実施し、他の中小河川浄化に向けて植物の浄化能力のモデル化をめざす。
☆保育所・小中学校・スーパー(8店)・生協・行政窓口などの協力による乳酸菌飲料空容器の収集(23万個)が生活排水対策に関する大きな啓発効果を挙げた。

キーワード:NPOが国・県・市をネット・上中下流NPO連携・協働・植物浄化のモデル化

No.406 岐阜県
岐阜県海津町付近
活動・事業名:自然豊かな木曽三川と流域住民をつなぐ冒険ファンタジー「水郷竜話」
http://www.yumenosato.jp/topics/index.html
木曽川水系
木曽川・長良川・揖斐川
所属:木曽三川 夢の郷
アピールポイント:
@自然環境の保全や治水の歴史という漠然として退屈な内容を、物語として表すことで広く情報発信できる形とした。また、この物語を、全て住民が手作りの芝居を行うこと、さらに、総合学習の参加型ツール等としても利用可能な形となったことが、ユニークな点としてあげることが出来る。
B”いい川”づくりを目指して、当初は行政側からの仕掛けではあるが、流域住民自らが芝居という形で川の良さをアピールしていく運動そのものが、”いい川”づくりと言えるのではないか

キーワード:ヨシ原の保全・再生 河川環境の啓発 手作りの演劇
No.407 石川県
石川県七尾市御祓町〜府中町付近
活動・事業名:排水路対抗!御祓川浄化大会・オリジナルソング「川への祈り」 御祓川が結ぶ ヒトとミセとマチ
http://www.noto.or.jp/nanao/asi/
御祓川水系 御祓川
所属:川への祈り実行委員会
アピールポイント:
@浄化は楽しく根気よく!御祓川が、都市河川の浄化をゲームにしてしまいました。下水道がなくて、排水が直接川に流れ込むということは、かえって私たちの生活と川との関係を深く知ることができること。私一人が家庭排水に気をつけても・・・という諦めに似た気持ちを逆手にとって、同じ排水路から排水を流す家庭が一丸となって浄化に取り組み、それを競ってもらうという楽しい発想で、川と生活とのかかわりを見直すきっかけをつくりました。また、「音楽」の力で、感覚的に川の大切さや恵みを感じてもらう取組みの一環として、地元のアーティストにオリジナルソング「川への祈り」をつくってもらいました。
A御祓川では、装置を使った浄化実験を行っていますが、本当に目指しているのは装置がなくても、川との関係を取り戻すことによって清流が戻ることです。そういう意味で、浄化大会は日々の暮らしと川との結びつきに着目した取組みです。川沿いのお店に来ることも然りです。
B川づくりに資金が回るための「しくみづくり」と市民と川との「関係づくり」を同時にやってきました。ある時は商店街と、ある時は行政と必要なネットワークを組みながら川を中心にヒト・ミセ・マチの関係を取り戻すことが、御祓川流の“いい川”づくりへのプロセスです。

キーワード:川との関係づくり・浄化大会・音楽と川
No.408 長野県
長野県伊那市・飯田市付近
活動・事業名:天竜川のこの頃あの頃写真帳
天竜川水系 天竜川
所属:市民団体 天竜川ゆめ会議
アピールポイント:
 昔の天竜川の写真と今の写真を撮るのに同じ構図を探すのに苦労しました。 今と昔を比べてください。比べるとそこには、変らない物、変った物 いろいろ考えさせられます。そこから次の計画や環境保全・啓発のヒントが生れます。
  「天竜川のあの頃」は国土交通省・天竜川上流河川事務所が個人の方の協力を得て作ったもので、その写真を利用したこの企画を天竜川上流河川事務所にお話ししたところ、快諾して下さり、協働して行うことになりました。

キーワード:川の昔と今・写真集

No.409 長野県
長野県伊那市東春近渡場付近
活動・事業名:地域住民が取り組む農業用水路の多自然化
農業用排水路(天竜川) 中正井
所属:長野県立上伊那農業高等学校 (中正井の自然を愛する会)
アピールポイント:
@老朽化した農業用水路に対し、多自然型河川を作って欲しいと管理する地域住民が働きかけた。
A昔からその地域の子どもたちの遊び場であり、身近な川だった。
B行政に働きかけて、できるだけ今までの自然を残してほしいと要望し、多自然型の河川工事を実現させた。工事に先立ち動植物の移動・保護を地域の子供たちとともに行った。法面の植生工も地域住民が行った。
C常に地域住民による計画を重点に改修計画が進められ、一つ一つの事業が地域や子供たちのイベントとして位置づけられている。
Dビオトープの第一人者を講師に招くなどして、住民のビオトープに関する意識を向上させ、この農業水路を昔ながらの小川へ導く活動は始ったばかりである。ここを中心に新しいビオトープ農村作りへの発展が期待されている。

キーワード:農業用水路・地域住民で守る・ビオトープ農村

No.410 岐阜県
岐阜県大垣市八幡神社付近
活動・事業名:水門川クリーン作戦 “歩いて観よう水門川クリーン作戦“
揖斐川水系 水門川
所属:特定非営利活動法人まち創り 「水門川ルネッサンス実行委員会」
アピールポイント:
従来より川の清掃活動をしても水面以上の部分の清掃活動でしかないのを、川底に沈んでいるゴミもとりたいとの思いから川をせき止め浅瀬にすれば可能であるとのアイデアから川底清掃を可能にした。

キーワード:ルネッサンス・歩いて観る・川底学習

No.411 新潟県
新潟県小千谷市高梨付近
活動・事業名:地域の宝、五辺の水辺
http://www.hrr.mlit.go.jp/shinano/
信濃川水系 五辺の水辺
所属:国土交通省北陸地方整備局信濃川河川事務所
アピールポイント:
@信濃川のなかでも中流域に位置する当地は最大級の湿地空間で、環境調査が進むにつれ貴重種や鳥類の大規模コロニー等の存在が明らかになった。これらの保全と利用を両立したあり方について、行政主体でなく流域住民や有識者らと合意形成を経て進めている。また利用面については、周辺の地元小中学校の教育関係者からの意見も取り入れ、総合学習の屋外フィールドを活用して頂けるよう教育関係者らの意見も取り入れた。
A湿地空間の水質浄化のための導水路や土砂流出防止のための沈砂池を新たに河川管理者が設置し、水質悪化の軽減に努めた。

キーワード:信濃川・湿地空間保全・五辺の水辺利用観察協議会


北海道
東 北
関 東
中 部
近 畿
中 国
四 国
九州・沖縄
HOME


近畿ブロック
No.501 滋賀県
滋賀県大津市・安曇川町・朽木村 付近
活動・事業名:リバーウォッチングin安曇川
http://www.ex.biwa.ne.jp/~adosyou/
淀川水系 安曇川
所属:安曇川町立安曇小学校
アピールポイント:
@6年間を通して安曇川の課題追究に取組む・川を源流から河口まで踏破し、課題追究を行う。・学習のまとめとして、校舎を博物館に見立て、「安曇川博物館」と名付けた発表会を実施し、活動でお世話になった地域の人々や保護者、県内外の学校関係者、国や県の出先機関の方々に公開する。
A・地域で昔行われていた「筏乗り」等を再現する活動をする。・安曇川を利用した水道、漁業、発電、農業用水、扇骨作り等も追究課題の1つとする。・水害に関する実施調査も実施し、安曇川の水害の歴史と人々の様子も学ぶ。

キーワード:河口から源流まで・安曇川博物館・ひたすら歩く

No.502 京都府
京都府京都市伏見区日野付近
活動・事業名:小さな小さなワンドに託した大きな大きな連携の夢
淀川水系 日野川
所属:「日野川水辺の会」
アピールポイント:
@はぐくみワンドの整備は京都市の河川改修事業の付随事業の1つとして行われたのではなく、環境整備を目的に京都市が力を入れて行った事業である。
A平成14年9月に発生した「ペンキ流出事件」では、行政よりも地元住民の対応が早く行われ、各行政機関と連携し原因追及が行われた。
B日野川の親水ワンド整備計画には「日野川水辺の会」の他に、NPO法人「近畿水の塾」や摂南大学など、近畿各地の様々な地域の人々が関わっている。
C親水ワンド整備では、子どもやお年寄りでも安全に水辺に近づけるよう、スロープや階段、ベンチなどが設けられた。

キーワード:親水ワンド・水辺の復元・子ども
No.503 滋賀県
滋賀県草津市付近
活動・事業名:地域の人とつくる伯母川博物館〜伯母川の自然のふしぎを伝えたい〜
琵琶湖・淀川水系 伯母川
所属:伯母Q五郎〜伯母川研究こどもエコクラブ
アピールポイント:
@Aこどもたちの発想で地域に川の自然を紹介する『伯母川博物館』をつくった。博物館はこどもと地域の大人の協働でつくりあげた。さらにその博物館は、地域の人と人とをつなぐ交流の場となった。伯母川博物館づくりを通して、一見何の変哲もない、見過ごし、通り過ぎてしまうような伯母川が、子どもたちだけでなく、地域の大人にとっても、「近い川」に育ち、「ふるさとの川」に成長していくプロセスが見られた。
@『伯母Q五郎』は、休日に楽しく親子で川の自然に関わる活動している。〈魚とり・投網・つり・よし植え・水鳥観察・水質調査・源流調べ・透視度調べ・プランクトン調査)

キーワード:こどもエコクラブ・博物館づくり・地域協働

No.504 滋賀県

活動・事業名:たんけん・はっけん・ほっとけん 〜水中音で環境診断〜
http://www.gamouno.com
琵琶湖・淀川水系 日野川・琵琶湖
所属:NPO法人蒲生野考現倶楽部
アピールポイント:
@琵琶湖と日野川の水の音を集め、水質や生き物との相関を調べ、水環境を探っている。水の音調査では、深さや水流による音の違いがある他に、水の汚れも影響するのではないかと予想している。水質調査では、日野川の10ポイントと琵琶湖の水質を年4回調べて、人為的影響を探っている。また、流域全体の生物調査を年数回実施している。これらの調査をもとにして琵琶湖と日野川の現状を魚の視点から考え、住民に環境保全と琵琶湖条例などを啓発している。

キーワード:
湖と河川・水の音・琵琶湖条例
No.505 兵庫県
兵庫県 豊岡市、城崎町、出石町、日高町
活動・事業名:円山川自然再生事業(コウノトリの野生復帰を目指して)
http://www.kkr.mlit.go.jp/toyooka/
円山川水系 円山川・出石川・奈佐川
所属:国土交通省近畿地方整備局 豊岡河川国道事務所
アピールポイント:
一度は絶滅してしまったコウノトリを野生復帰させるべく、地域全体の取り組みとしてさまざまな事業が実施・計画されているなかで、河川における役割・目標を明確にし、コウノトリをシンボルとした円山川の自然再生事業を実施することにより地域振興に貢献したいと考えている。

キーワード:コウノトリ野生復帰・円山川・自然再生と保全


北海道
東 北
関 東
中 部
近 畿
中 国
四 国
九州・沖縄
HOME


中国ブロック
No.601 山口県
山口県防府市小野地区付近
活動・事業名:「防府地区サイクルツアー推進」水辺の楽校×(歴史+佐波川)=見自転車こい
佐波川水系 佐波川
所属:周防三田尻「時空の樹会」

アピールポイント:
@ サイクルツアー推進モデル事業の目的を最大限活用して、地域活性化するような取り組みを進める。「周防三田尻オンリーワンをナンバーワンにする」ために地域住民の知恵とアイデアを集めて、「やるからには、ナンバーワン!」を目指して。自転車を媒体に川を観る。
A 佐波川自転車道(工事中)は、昔々、防石鉄道が走っていました。暮らしの中に川と交通(運輸)があった時代です。歴史・文化・自然を身近な交通手段(道具)として使っている「自転車」を考えることで「佐波川」の魅力、姿が見えてくる。
B 「佐波川物語」住民参加型ワークショップを開催し、ネガティブ「なぜ佐波川に行かないのか?」を探ることからポジティブな「佐波川」を発見する。
C 「自転車にやさしいまちづくり」「バイコロジー」事業で有した実績を「情報発信」することで「自転車を楽しむ文化がない国:日本」を理解することで「気楽に自転車、ふりむけば自転車」新しい感覚の商品を創出することから『佐波川』を売り出すことができる。

キーワード:サイクルツアー・水辺の楽校・地域活性化
No.602 山口県
山口県柳井市柳井川流域付近
活動・事業名:『MAPで発信、MAPで活動支援を!』
柳井川水系 柳井川
所属:柳井川がんぎを知っちょって会
アピールポイント:
@ 柳井川の潜在資源をきちんとプロットするために、柳井川MAPを作成した。このツールで柳井川の情報発信を行い、市民と情報の共有化を図ることとした。また、このMAPは柳井川を意識していただく情報発信ツールとして販売することで、MAPの増刷費用や会の活動資金に充当し、今後継続を予定している創作童話甲子園(昨年本大会で発表)の開催や五感に訴えるパンフレット作成など柳井川の整備に活用できる資料づくりと考えている。

キーワード:マップ・河原番・情報発信
No.603 岡山県
岡山県岡山市竹田〜今在家付近
活動・事業名:ぼちぼち百間川
http://www.ne.jp/asahi/okayama/sizen/
旭川水系 百間川
所属:岡山の自然を守る会
アピールポイント:
@1976年より観察会や調査会による活動を継続。20年以上前から、自然公園構想の提案や子ども対象のイベントを継続している。
A百間川が旭川の放水路として300年の歴史がある。
B自然公園構想を提案し、その中で改修に対する反対運動だけではなく、行政との交渉や旭川流域ネットワークとの連携、地域との連携した活動を行う。

キーワード:自然に親しみ・自然に学び・自然を守る
No.604 岡山県
岡山県和気郡和気町大田原付近
活動・事業名:金剛川「なんやかんやの川づくり!」2004
吉井川水系 金剛川
所属:大田原昭和会
アピールポイント:
特色を持った活動は無いが、人と生物が集まり、共存できる環境作りを目指した整備等を継続して行っており、その成果として上記「活動や事業の内容」欄記載の通り、本年は数多くの蛍が同河川内にて復活し乱舞した。

キーワード:多自然型川づくり・水辺の楽校・世代交代
No.605 岡山県
岡山県岡山市大原地先付近
活動・事業名:失われつつある魚の産卵ふ化場の創造
http://www.okakawa-mlit.go.jp/
旭川水系 旭川
所属:国土交通省中国地方整備局岡山河川事務所
アピールポイント:
産卵ふ化場の創造、計画について地域の声を聞くワークショップ
概要:魚の種の存続を目的として、産卵ふ化場を創造するものです。特に希少種のアユモドキを意識し、田んぼなどの土を入れた水田様池とレキ床を敷きつめたワンドを創造しました。計画段階:住民や環境保護団体などの地域の意見を聞き、地域の声を反映した計画を実行しました。事業後の管理:産卵期を意識し、水位・水温調整を行いました。(アユモドキの産卵期の6月初旬〜中旬にふ化)

キーワード:産卵ふ化・多自然・住民参加
No.606 岡山県
岡山県流域全域(23市町村)源流の碑建立地 加茂川町付近
活動・事業名:旭川源流の碑・加茂川町へ 「全ての川に川守を!」
旭川水系 旭川
所属:旭川流域ネットワーク(旭川建部ネットワーク)
アピールポイント:
@川に関心を持つ人を増やし、河川法改正の趣旨を活かして、どんな川にしたいのかという意見を持ち、自らも川に関わり、行政にも意見を言える「川守」を育てる。
A旭川は、かつて高瀬舟が行き来して、人々の暮らしを支え、人々を交流させていた。この高瀬舟の代わりに、リヤカーが人々の交流を進めている。
Bまずは、川に関心を持ち、あきらめずにいい川を取り戻そうという人を増やすこと。流域で何か問題があれば、流域で情報を交換し、最善の方法を考え実践していくこと。
Cお金がかからず、誰でもが参加でき、環境に優しい人力エネルギーで、歩く速度で川を見ながら毎年、手を挙げて川守の所まで「旭川源流の碑」を役8ヶ月掛けてリレーで運ぶ行事を8年間続けている。(140年事業として取り組む)、
D事務局支援を行って頂いていた岡山河川事務所からの自立、資金なし、試行錯誤の中で精一杯やれることを頑張っています。

キーワード:楽しいこと・前向きであること・川(水)と人のつながりを忘れないこと

No.607 山口県
山口県岩国市、美川町、本郷村、美和町、錦町、周南市(2市3町1村)
活動・事業名:錦川源流の碑建立 〜 日本3奇橋「錦帯橋」の古材を森に戻そう!
http://www.ym-t.com/nrnet/
錦川水系 錦川
所属:錦川流域ネット交流会
アピールポイント:
【源流の碑建立事業:錦帯橋の古材を森に戻そう!】@錦帯橋の架け替えにより発生する古材をかつて切り出した錦川の源流域である 寂地峡近くの森に、錦川流域ネット交流会の皆さんや子どもたちと一緒に運び戻した。源流域の森への感謝の気持ちと「清流錦川をいつまでも守り育もう!」と誓った錦帯橋の古材を活用した「源流の碑」を建立した。→→→ 錦帯橋架け替え事業と連携し、環境保全啓発に繋がったこと。錦川流域ネット交流会のさらなる連携強化となった。次年度以降も「源流の碑」建立イベントは錦川流域内の別の源流域で継承していくこととなった

キーワード:錦帯橋の古材・源流の碑・清流錦川
No.608 島根県
島根県益田市付近
活動・事業名:高津川・舟運の可能性実験
http://www.group.iwami.or.jp/andante21/index.html
高津川水系 高津川
所属:NPO法人アンダンテ21
アピールポイント:
@住民参加による地域再生事業
Aかつての舟運をさぐり現代に生かす
B私たちにその存在から 癒しルール 元気 勇気 を与えてくれる所

キーワード:
地域再生・住民参加・協働参画
No.609 岡山県
岡山県倉敷市玉島付近
活動・事業名:溜川親水公園づくり 子供たちを川に戻す
高梁川水系 溜川
所属:玉島商工会議所
アピールポイント:
溜川に地域の子供に関心を持ってもらうことになると考え下記のこと実施しました。
(昨年)
1.溜川の写生大会
2.環境講演会:川の話(国土交通省竹原氏)ダルマガエルの話(伊東先生) 体験発表(北九州高校の皆さん)
(今年)
1.子供たちと溜川を語る会の実施

キーワード:子供を川に戻す・市民と行政と一緒になって川づくり・継続して活動する

No.610 岡山県
岡山県岡山市足守付近
活動・事業名:環境を守る輪を仲間や地域に広げよう
http://www.city-okayama.ed.jp/~ashimoric/kagakubu.htm
笹ヶ瀬川水系 足守川
所属:岡山市立足守中学校 科学部
アピールポイント:
@毎年行っている環境調査は26地点を10年間継続して調べている実績があります。また、月ごとの水質調査をしたり、1日の水質変化なども調べました。ジャコウアゲハというチョウは幼虫がウマノスズクサという植物しか食べないため、現在進められている護岸工事で減りつつあります。そこで科学部でウマノスズクサを植えてジャコウアゲハを増やそうとしています。
A水質調査の結果などは地域イベントなどで発表しています。
B一人一人が環境のことに関心を持ってもらうことで水質改善につなげていく。
C地域イベントで水質調査体験コーナーを設け、関心を持ってもらう

キーワード:調査・啓発・水質浄化


北海道
東 北
関 東
中 部
近 畿
中 国
四 国
九州・沖縄
HOME


四国ブロック
No.701 徳島県
徳島県名東郡佐那河内村大字上付近
活動・事業名:絶滅危惧種を救え!
中尾谷
所属:徳島県土木事務所 道路課道路3係
アピールポイント:
住民からの情報で、絶滅危惧種の発見につながり、計画変更へ至った。また、生態調査を4年間行い、この調査をもとに流路工を計画・設計した。今回は、絶滅危惧種の保護に限定した計画となっている部分もある。 
既存資料が少なく、生態が不明瞭なナガレホトケドジョウの保護には、生息環境調査から得られたデータを、現場サイトからの目、有識者からの目、調査関係者からの目で分析し、流路計画には、経済性、事業内容、使用可能材料等を考慮して、従前の生息環境復元を最大の目標とした計画を行った。
今後、小、中学校を中心に、現場説明会等を開催し、身近な自然環境への関心を深めてもらい、地域一帯となった保護活動に繋がるような手法を検討していきたいと考えている。

キーワード:絶滅危惧種・設計変更・知らないは罪
No.702 高知県
高知県吾川郡吾北村程野地区(グリーンパークほどの)付近
活動・事業名:『環境土木実践講座』〜発注者の体験〜
http://www.pref.kochi.jp/~shimanto/
仁淀川水系 程野谷川
所属:高知県文化環境部文化推進課四万十川流域振興
アピールポイント:
@行政のなかでは、普段経験することのできない実際の現場施工を自らの手で体験し、発注者の立場で環境技術を実感することで、今後の設計や施工に生かし、県下に普及させることを目的としています。また、コンクリートは一切使用せず、巨石を全て現地調達することで環境に配慮した工法が結果的にコスト縮減につながるケースもあります。なお、今後の課題として、民間企業へ普及させるための取り組みが重要と考えています。

キーワード:発注者が体験・生態系の保全・伝統工法の継承

No.703 愛媛県
愛媛県松山市森松付近
活動・事業名:重信川いきいきネットワ−ク計画  〜より良い自然環境をめざして〜
http://www.skr.mlit.go.jp/matsuyam/
重信川水系 重信川
所属:国土交通省四国地方整備局松山河川国道事務所
アピールポイント:
重信川の自然を取り戻そうとして、NPOなどの活動団体や地域の大学、行政がひとつとなって“重信川の自然をはぐくむ会”を設立しました。大学生グル−プの結成に始まり、多くの活動団体や地域住民、専門家のみなさんが加わって、垣根を越えたパートナーシップを築いています。 “重信川の自然をはぐくむ会”では今、自然と人、人と人がふれあう交流と学習の場の形成をめざしたさまざまな活動を展開しています。アンケ−トやヒアリングをはじめ、ワ−クショップの形成やアドバイス会議、情報公開、総合学習副読本の作成および出前講座など、積極的な取り組みを行い、多くの方々に重信川への認識向上や意識を高める機会を共有することで重信川の自然再生に向けた、積極的な活動展開を行っています。

キーワード:水と緑のネットワ−クの形成・自然と人、人と人のふれあいを通じたネットワ−ク・民・学・官の垣根を越えたパートナーシップ


北海道
東 北
関 東
中 部
近 畿
中 国
四 国
九州・沖縄
HOME


九州・沖縄ブロック
No.801 福島県
福岡県直方市新入付近
活動・事業名:近くにあって遠い川「犬鳴川」をいい川に
遠賀川水系犬鳴川
所属:鞍手町立室木小学校
アピールポイント:
@「総合的な学習の時間」に私たちが描いた地域のふれあいの場「夢広場」を地域の大人に提言。
A 地域の大人たちが立ち上がる。しかし、大人の話し合いはなかなかうまくいかない。ようやく私たちの夢を受け入れ、行政とも連携して「夢広場」の実現。( 里山から流れてくるきれいな水を利用したせせらぎ水路・ 岩盤を残して冒険島づくり)
B 地域の子どもと大人で「夏祭り」の開催
C 私たち(今私たちは中学3年生。受験勉強や部活に忙しいが夢広場と関わりたい気持ちが大きいのだが。)がさらにこの水辺の「夢広場」と関わっていくには。

キーワード:中学生・地域の大人・共生
No.802 熊本県
熊本県熊本市壷川2丁目(坪井川遊水地区)付近
活動・事業名:よみがえれ、坪井川とのふれあい!「農園プロジェクトX」
坪井川水系 坪井川
所属:壷川校区まちづくり委員会
アピールポイント:
この川は400年前から地域住民に親しまれてきた。これが治水工事を契機に一変した。そこで、人と川との共生をテーマに再び、この川を取り戻そうと、川や遊水地で様々な企画を実施してきた。その中でも、この農園づくりは、次の特色がある。
@人間の根本なのに軽んじられている「食」「農」の大切さを子供たちに教える 川遊び、草刈り、石拾い、畑の耕し、種まき、収穫、など体験することを重視
A子ども時代に川で遊んだ思い出を持つ、地域の老人の参加が多くみられ、世代間交流の場にもなっている。それが小学校の「地域を知る」総合学習につながり、地域の「川の文化」の継承へと発展している。
B川辺を安全な場所に変えていくことで川が少しづつ身近なものとしてよみがえりはじめ、川で魚を釣ったり虫を取ったりという誰もがやっていた遊びが復活しつつある。
C幼児から、小学生、中学生、高校生、大人、お年寄り、あらゆる年代の人に参加してもらうこと。地域の各種団体から市、県の関係部署まで連携を取ること

キーワード:人と川との共生・協働・異世代間交流
No.803 佐賀県
活動・事業名:竹と刈草・野焼からリサイクルへ
筑後川水系 城原川
所属:国土交通省九州地方整備局 筑後川河川事務所 諸富出張所
アピールポイント:
@張芝の代替として、伐竹チップ化した竹材は保水能力があり特殊客土吹き付けで野芝が全面で発芽。強くて安くて施工性も良く、地域内の竹の循環利用が可能となる。
A堤防刈草の堆肥化方法で、古老達の聞き取り調査後、昔ながらの野積堆肥を協働作成。
BC堆肥化づくりの小技術・中技術・大技術を模索。個人でも地域でも、建設機械を使った工事でも施設を作らず、省エネ堆肥化でミミズ沸く団粒化土壌となる。

キーワード:竹の有効利用・刈草堆肥化・データよりも美味しさで勝負
No.804 佐賀県
佐賀県相知町佐里付近
活動・事業名:アザメの会 自然再生にシニアの力を
松浦川水系 アザメの瀬
所属:アザメの会
アピールポイント:
アザメの瀬再生事業には、住民参加型で理想的な形で行っています。私達アザメの会は、川や山野は本来人間が生活することで重要なものであり、自分たちの財産である。子供たちが、山野や川に体を浸しながら、かわいがり、汚さないようにし古き良きふるさと作りを目的とします。

キーワード:
No.805 佐賀県
佐賀県東松浦郡厳木町大字厳木727付近
活動・事業名:土壌シードバンクを用いた自然再生の研究
http://www3.saga-ed.jp/school/edq10012/index.htm
松浦川水系 松浦川・厳木川
所属:佐賀県立厳木高等学校 科学部
アピールポイント:
@土壌シードバンクを用いた自然再生の研究を通して、高校生・地元住民・行政との協働関係を構築している。
A地元住民参加のアザメの会と町切水車保存の自然と暮らしを考える研究会と交流を続け、地元の自然を題材とした自然再生事業の一端を担っている。
B土壌シードバンクによりウェットランドに適した植生の調査を行い、絶滅危惧種等を発見した場合はその生育に適した環境を作ることを目的としている。
C屋内型シードバンクを用いて調査に適した深さの土を決定し、屋外の大型シードバンクで発芽実験を行った。また、秋蒔きと春蒔きの2回の実験を実施し発芽条件について詳しく調べた。
D植物だけではなく、シードバンクに棲みつく動物の調査も行っている。

キーワード:シードバンク・アザメの瀬・自然再生

No.806 福岡県・佐賀県・大分県・熊本県
活動・事業名:もっと知ってよ!筑後川(筑後川流域講座)
筑後川水系 筑後川
所属:筑後川まるごと博物館 運営委員会
アピールポイント:
本講座は、大学の正規科目を公開講義とし、学生以外のより多くの人が受講できるような形体としている。講座だけでなく、現地見学を実施することで、受講生が川に対して今までと違った視点で見るようになっている。

キーワード:市民と大学の協力・流域発見・人材育成
No.807 福岡県
福岡県直方市溝堀付近
活動・事業名:遠賀川夢プランが実現したよ! 〜川づくりは人づくり、まちづくり〜
http://www.nogata.jp
遠賀川水系 遠賀川
所属:直方川づくり交流会
アピールポイント:
直方川づくり交流会は、リバースクールの実施、市内小学校へ出前環境学習、直方に来た人へのアンケートの実施、先進地への研修など、様々な活動を基に、遠賀川と彦山川(支流)の合流点である、導流堤に自然・人・生き物に優しい川づくり目指し、川で遊びやすい環境づくりのための「春の小川」、住民と行政が共に活用できる「水辺館」を提案しました。その春の小川が昨年春に完成し、水辺館も今年秋に完成する予定です。水辺館は提案と同じガラス張りのきれいな建物です。水辺館を中心とした今後の活動は、住民やNPO、大学のネットワークを活かし、箱物だけにならないガラス張りの活動を実現して行けたらいいと思います。

キーワード:夢プラン ・ 住民・行政・大学・NPOのネットワーク ・ 環境学習
No.808 熊本県
熊本県人吉市・八代市・五木村付近
活動・事業名:私たちも川の専門家です! 川辺川ダムを考える住民討論会・住民側チーム
球磨川水系 川辺川
所属:川辺川を考える住民討論会・住民グループ
アピールポイント:
@熊本県を中心にして、国交省と住民側とが対等に議論します。 住民側が招聘する専門家の交通費から、情報公開費用まで、何からナニまで手弁当!全国からのカンパに支えられえて頑張っています。
A海のことは漁師に聞け!川のことは川漁師に聞け! 自然を相手にしている人たちの経験の重さ・確かさを再確認できました。B<住民の住民の為の住民による河川計画>のために、難しい事も一生懸命勉強し、議論できるようになりました。
Cそして、もっと多くの人が理解できるように、毎回徹夜作業で合宿しながら、分かりやすく伝える努力をしています。自慢の冊子も見てね!

キーワード:手弁当・みんなに知ってもらいたい!・専門家と対等に
No.809 熊本県
熊本県人吉市・相良村・五木村付
活動・事業名:川辺川を守りたいコンサート!
http://ww71.tiki.ne.jp/~ayutra/index.html
球磨川水系 川辺川
所属:尺鮎トラストサポーターの会
アピールポイント:
@子供の頃参加した川辺川での川遊び教室以降、登校拒否を乗り越えるのにも、音楽の道に進むのにも、私は川辺川からパワーをもらいました。難しいことはまだ分からないけど、音楽の感動を道具に、川の未来に歌いかけて行きたいと思います。
Aコンサートの収益は、ダムを守る活動や稚鮎の放流事業などを行っている【川漁師組合】に寄付されます。
B一般市民に向けての<鮎の里親制度>と、里親になってくれた人が協賛店から特典を得られる<里親カード>の取り組みが、川漁師・自然保護・市民・商店街を少しずつつなげ、コンサート成功の下地になっています。

キーワード:川をSHARE・音楽をSHARE・感動をSHARE
No.810 佐賀県
佐賀県嵯峨氏与賀町精付近
活動・事業名:水辺の生態とその環境づくり
多布施川水系 佐賀市内の水路網
所属:精町自然生態系環境づくりの会
アピールポイント:
どこにでも流れている川に、少しばかり手を加えることによる環境づくり江戸から大正時代の河川のタメジを表示することによるアピールを行う資金もないので、手づくり

キーワード:環境づくりは地域の輪づくり
No.811 佐賀県
佐賀県相知町町切堰と用水路付近
活動・事業名:水環境を考えた「ふるさと水車文化村」推進事業/水辺から見えてきた“いい川づくり”
http://www11.ocn.ne.jp/~suisha/
松浦川水系 厳木川
所属:自然と暮らし考える研究会
アピールポイント:
江戸時代初期から伝わる(町切堰から取水された用水路)、先人の知恵「町切水車」の復元、活用を続けてきた。この間、掲示板などの整備・河川整備(危険箇所の整備、草刈)をしながら厳木川の特性(河床の岩盤群と希少種の魚たち)川筋に残る歴史的に価値がある(鉄道橋)(昔の橋の基盤の跡)遺産も再発見して来た。また、4月より子どもたちが安心して水遊び、泳ぐことのできる「手づくり親水スペースの整備に取り組み中」この夏「夏休み親子リバースクール」を開催しますがこれは高齢者の豊富な経験と知恵を活用した親子の世代間交流事業で、今後とも地道な実践の継続で、より安全な“いい川づくり”・「水辺と・田んぼの楽校」を目指したい。

キーワード:行動・再発見・交流(人 特性 学ぶ)

No.812 佐賀県
佐賀県厳木町内全部流れる川の水
活動・事業名:唐津の子ども達にいい水を飲ませたい
松浦川水系 厳木川
所属:厳木町飲む水を大切にする会
アピールポイント:
川で米も洗い、うどんも里芋もすべてのものを洗って過ごしたことに戻りたい、安心に飲める水をモットーに

キーワード:飲める水・魚が泳ぐ川に・川を大切に
No.813 佐賀県
佐賀県佐賀市伊勢町付近
活動・事業名:「水とともに、人ともに・・・」
http://www.mizota.co.jp/

所属:株式会社ミゾタ 環境技術研究所
アピールポイント:
@市民の皆さんへは、川下りという遊びを通して、川の大切さや役割を知ってもらう啓蒙活動としての位置づけ、社員へはボランティア精神の教育を同時にしている。
A昔は水路として使われていたこともある多布施川です。また、米を洗ったり洗濯したり、水路にも使われていた川です。水の町として復活の足掛かりになればと思う。
B佐賀にはクリークと呼ばれる水路が網の目のようにあります。やっと下水道も普及し始め、そのハード面と同調できる意識の高潮を啓蒙活動として多布施川を通じて行い、クリークの浄化も同時にできればと地元企業の立場で頑張ります。
C川下りをきっかけに、わが社では、水質浄化、クリークヘドロ除去、ダム湖のアオコ対策システムの研究開発を新部署を立ち上げ、成果を出せるよう努力しています。

キーワード:遊び・啓蒙・水質浄化

No.814 熊本県
熊本県玉名市大浜地区付近
活動・事業名:「川とともに伸びる大浜〜百年の夢づくり〜」
http://www.qsr.mlit.go.jp/kikuti/
菊池川水系 菊池川
所属:国土交通省九州地方整備局 菊池川河川事務所 調査課
アピールポイント:
古くより菊池川と密接に関わってきた大浜地区民が近年、砂浜・松林の消失により菊池川との関わりが少なくなってきたことから、玉名市の支援を受け、自発的に松林再生のための委員会を開催し、「川とともに伸びる大浜〜百年の夢づくり」と題し議論を行っている。当該地区は加藤清正ゆかりの石ハネや全国で唯一「歴史の道百選」で水運が選定されるなど歴史と密接な関係があることから「歴史・文化を学ぶゾーン」と位置づけ、その再生に向け玉名市、国土交通省を巻き込み運動を展開している。国土交通省においては砂浜消失の原因追究及び砂浜再生方法の検討等を行っている。

キーワード:地元主体・協働連携・自然再生
No.815 熊本県
熊本県熊本市東子飼町付近
活動・事業名:〜遊んで学ぶ平成の寺子屋白川わくわくランド〜水と遊び水に学ぶ
http://www.wakuwaku-land.com
白川水系 白川
所属:白川流域住民交流センター(白川わくわくランド)
アピールポイント:
白川わくわくランドを拠点に活動している。特に寺子屋等にはできるだけ出席し、川の学習を深めている。今回は「子ども川の安全教室」と「川視術」の二つの寺子屋を紹介しながら、その後の取り組みもあわせて発表する。

キーワード:楽しむ・学ぶ・やすらぐ
No.816 熊本県
熊本県熊本市小磧橋付近
活動・事業名:白川小磧水辺公園の環境保全・体験型学習活動
http://www.ktokai-u.ac.jp/~sirakawa/
白川水系 白川
所属:九州東海大学白川エコロジカル・ネットワーク
アピールポイント:
川について考える白川の流域連携組織「白川流域リバーネットワーク」の加盟メンバーの中で唯一の学生組織である。また、白川里親協定を教育機関としては初めて締結した。定期的に行っている河川清掃では清掃のみを行うのではなく、水辺の自然体験活動等を清掃後に実施し、清掃をいかに楽しくやれるかについて試行錯誤をしている。
今後の公園周辺整備について国交省・市役所・地域住民・学生・青年会議所建設クラブで話し合える場を月に1回持ち、グランドワークとしてそれぞれの意見の反映ができる公園作りに取り組んでいる。
他の団体と活発に交流し、お互いで意見交換などをすることで常に新しい発想が出来るようにしている。

キーワード:3つの「わ」 輪(交流・連携)・話(話し合い)・ワッ!(驚き・発見)
No.817 熊本県
熊本県熊本市小磧橋付近
活動・事業名:川のチャリティイベントでNPOを盛り上げよう!地球ダービー
http://www.comusta.com/sed
白川水系 白川
所属:ハッピークルーズ/NPO法人天明水の会事務局
アピールポイント:
地球ダービーは、1.NPOの活動の、広く一般に向けた広報活動として。2.NPO活動のファンド=基金を募る方法として。3.集客力の高さは、地域の観光資源として。4.市民が川と触れ合うことができる。5.NPOの理念、メディアの広報機能、企業の商品等協賛、行政の情報力、金融機関の払い込み機能など、複数の機関がパートナーシップを組むことにつながる。という複数の機能を合わせ持つ新しい取り組みです。1と2は、NPO活動のチャンスとなることを意味しています。
キーワード:ファンドレイジング・広報・まじめなあそび


北海道
東 北
関 東
中 部
近 畿
中 国
四 国
九州・沖縄
HOME