Tokyo
:好評(?)のロンドンレポート。今日は2日目にしてもう最終になるというのですがロンドンの様子はいかがでしょうか。ロンドンのイヌヤマさん・・・。
London
:はい、こちらロンドンのイヌヤマです。こちらは夜中の3時半です。昨日は天気はよくて、最高気温は23度前後、青空がきれいでした。Leedsの滞在期間を含め1週間一度も雨らしい雨に降られていませんからラッキーだと言えるでしょうね。
こんな感じで通信

Tokyo
:さてイヌヤマさん、ちょっと成り行き上はなしがおかしいのですがこのレポートはどうやって送っているのですか?
London
:もうご存じの方も多いかと思いますが、ローミングサービスというものを使っています。プロバイダーによってまちまちですが海外にアクセスポイントを持っていたり提携しているプロバイダーを通じてアクセスできるようになっています。ホームページ上で設定方法を掲載しているところが多いので難しくはないと思いますよ。
Tokyo
:そうですね、海外にいても連絡がとれるのはいいことか悪いことかは別として、ホテルなどで接続することは可能なんですか?
London
:私は安いB&Bにしか泊まったことがないので高いホテルのことはわかりませんが、部屋に電話機があるところならば大丈夫みたいです。ただし日本とはモジュラージャックの形状が違いますし、デジタル回線になっていたり、極性反転の必要があるので各国用のモジュラーの変換器とモデムセイバーが必要です。電源に関してはほとんどのPCで240Vまで対応しているので問題ないでしょう。今回私は荷物を軽くするためにシグマリオン2(Handheld PC)を持ってきていますが、モデムさえあればPocket PCでもザウルスでも同じだと思います。ちなみにLeedsのB&Bでは部屋に電話回線がなかったのでシグマリオン+携帯電話(赤外線通信)でした。みなさんも海外旅行の際には挑戦してみてはいかがですか。楽しいですよ。
メタリックのの芋虫
Tokyo
:それはそうと昨日はなしていたテムズバリアの件ですが。
London
:はい、今日はちゃんと行って来ましたよ。ほかにもいい情報がありますので耳の穴をかっぽじって聞いてくださいね。私の定宿にしているB&Bからはハリーポッターファンには有名な(というはなしを聞きました)King's Crossの駅へ徒歩5分、そこからNorthen lineでBankで乗り換えと思ったのですが地下鉄が止まっていて(よくあることですが)仕方なくGreen Parkまで行ってと・・・。
Tokyo
:ややこしいですね。それでテムズバリアへの最寄り駅はどこなのですか?
London
Jubiiee lineのNorth Greenwichがいいと思います。そこから歩くと30分、私はタクシーで6ポンドでした。日本語で「ようこそ」とありますがそれほど観光地としてにぎわっている様子もなく、入場料の1ポンドはカフェの入り口のおばちゃんに払って情報センターに入ります。
入口は土手の上です
それほど大きなセンターではなく、バリアの模型や36時間前から高潮を予測し、バリアを閉めるまでの過程などを展示してあります。いろいろ聞いてみたいことがあったのですがセンターにはおばちゃんしかいないのであきらめました。事前にコンタクトをとってから行けば見学もできるようですが。7月はおわってしまったのですが月に1回程度バリアを閉めることがあるのでそれにあわせていってみてはいかがでしょうか。詳しくはhttp://www.environment-agency.gov.uk
をご覧ください。帰りはテムズ川にそって駅まで歩くことにしました。テムズ・パスと呼ばれる川沿いの道は途中にパブがあったり、砂利の積み出しをやっていたりと歩いていてあきることはありません。ロンドンブリッジぐらいまでは海水があがってきますので時折漂ってくる潮のにおいに海への思いをつのらせながらあるくこと1マイル、ビビッドな色彩の集合住宅のまえに広がるすてきなエコロジーパークに出会いました。
ポップな住宅とミスマッチ?
Greenwich Peninsula Ecology Parkはミレニアムビレッジ(何でもミレニアムつければいいとはおもわないのですが)計画の一角の121ヘクタールの土地で、かつての石油工場や造船所のあとはまるで感じられません。ヤナギやガマなど水生植物が生い茂り、トンボが飛び交うすてきな空間です。ここはみなさんに是非とも行ってみてもらいたいところの一つです。観光もいいけどちょっと足をのばして行ってみてください。ちなみに公園の中心部は管理事務所が閉まっている月曜、火曜はお休みですので注意してください。学校での環境教育やイベントにも対応してくれるそうです。詳しくは
TRUE@btcv.org.ukへ。
住所は
Thames Path, John Harrison Way
Greenwich Peninsula
London SE10 0QZ
です。
すいません。ちょっと気分が良くなってきて呂律がまわらなくなってきました。今日はこれで失礼してもいいですか。
Tokyo
:どうしたんですか、何かあったのですか。
ミレニアムドームとドックランド地区
London
:いや実はパブで私の大好きなギネスをひっかけながらレポートしているんですよ。この表面の泡がたまりませんね。(ゴクゴク)おっと、そういっているうちにオーダーしたステーキパイが来ました。煮込んだ牛肉をパイではさんで、その上にはグレビーソース。切ってみるともうお肉はコンビーフ状態になっています。グレービーソースと相まってまさにイギリスの味という感じ。付け合わせのマッシュポテトをグレービーにつけてと、これもまたいいですね。グリンピースも大盛りです。肉を食べてまたギネスを一口。ああたまりません。まさに至福のひとときです。あ、レポートを忘れていました。失礼しました。ということで今回のイギリスの1週間を総括すると「イギリスはおいしい」ということでした。というわけでレポートを終わります。バイバイ!(もう1パイ行こうかな)
Tokyo
:・・・(無言)。というわけでロンドンのパブからのイヌヤマさんのレポートでした。みなさままたお会いしましょう。

ロンドンレポートその1 その2