MIZUKAN
National Association for Local Water Environment Groups
http://www.mizukan.or.jp




春の使者、海より来たる(後編)
 渓流釣りでは魚の反応がない場合はあきらめてポイントを移動するのが普通なのですが今回は粘ってみました。
 さて、凶と出るか、吉と出るか。

2008年4月7日 犬山 清史(全国水環境交流会)




川の上は空港へ進入路




上流側にも人がいっぱい




鱗がとれるのはフレッシュランの証




美しく力強い魚体

■そしてドラマは起こります
 そのポイントは朝バラした場所から一つ上の水制工。そう、おじさんが釣っていたところです。川底に沈んだゴミや障害物を避けるために無理に深く潜らせないようにルアーをキャストし、向きを変えて上流を向いたところでヒットしました。今度はしっかり合わせを入れますが魚は下流に走っていきます。少しずつラインが出されますが落ち着いて対応。間合いを詰めてネットに手を掛けようとすると今度は上流へ。こちら側はテトラポットが入っているのでラインが擦れたら切れる可能性があります。背中のネットに手をかけようと片手でロッドを持った瞬間にバラしたということも少なくありません。魚の顔を水面からあげて弱らせてからネットイン。
 ふ〜、やりました。56センチのここではレギュラーサイズでしょうか。海から上がったばかりの魚(フレッシュランといいます)とわかる、鱗が桜の花びらのように舞い落ちるサクラマスでした。まさに海からやってきた春の使者。よかったバラさないで。プレッシャーから解放された瞬間です。
 彼女にはしばらく写真撮影に付き合ってもらい、リリースしました。サクラマスは食べておいしいので持ち帰る人が多いのですがクール便で送るのも面倒なので体力が戻るのを待ってバイバイしました。リリースしても本流にはダムがあり、この魚が子孫を残せるかどうかわかりません。でも支流の沢で産卵し、子ども達が海へ下りまた帰ってくるかもしれない。そしてまた私の竿にかかってくれるかも。そんなロマンに胸をふくらませてのお別れでした。魚はゆっくりと深場へと泳いで行きました。ありがとう。

■Special thanks
 今回の釣行には二人の知人が大きなお手伝いをしてくれました。二人とも私以上に釣り好きで、川が好きで、二人ともが4月1日解禁日にこの神通川でサクラマスを釣り上げています。その情報を頂き、事前に川の様子やポイントを頭に叩き込んでいたからこそのサクラマスとの出会いだったと思っています。情報って大きいですね。
 長野のIMIさん、岐阜のSaurus jr.さん、本当にありがとうございました。素敵な出会いを演出してくれました。この場を借りてお礼をさせて頂きます。
 それとあのおじさん、色々アドバイスありがとうございました。おかげでファイト中も竿を立てないように気をつけましたよ(笑)。翌朝会ったので釣ったことを伝えると「なんだ、朝釣っていれば2本だったのにね〜」とまたまた気になるようなことを言ってくれました。今度はそちらがばらさないようにしてね、その前に魚をかけなきゃお話しにならないよ。ヒットルアーを教えてあげたんだから頑張って下さい。

■特別な釣り
 富山空港から飛び立つと眼下に神通川が見えます。私が川から見上げていたJR鉄橋の上を飛び、海に出ると大きくターン。目指すは羽田空港です。
 サクラマスはなかなか釣れません。神通川で抽選に当たった地元の人でもゼロの人がいるくらい。ある人は宝くじ以下の確率なんて言います。関東地方に住む人間にとっては近くに釣れる川もないのでお金と時間を掛けての旅になります。車にしろ飛行機にしろ、石油燃やして炭酸ガス出して移動するわけですからちっともエコでも自然を大切にしているわけではありません。 それなのに釣り人がサクラマスを目指すのはなぜでしょうか。引きが強いから、希少性、自慢できるからというひともいるでしょう。私自身はサクラマスが戻ってくる川は「いい川」であり、「いい川」で釣りを出来ることに喜びを感じているのです。
 神通川も漁協の放流事業なしではサクラマスは釣れないでしょうし、川そのものを見ても土砂が出て淵を埋めています。サクラマスが夏を越えるための場所が減少しているのです。それでも魚が帰ってくるということはこの川が「いい川」だからと思います。あまり「川の日」ワークショップで話題になりませんでしたが、「いい川」「いい川づくり」の条件に「遡上系の魚が多い」ということを入れてみたらいかがでしょうか?
 神通川のサクラマス釣りは5月いっぱいまで。この頃には川に入った魚も遡上し、ポイントも上流域に移動していきます。是非もう一度出会いたいものです。

<フィッシングデータ>
ロッド: アングラーズリパブリック ジェイドミラー JBGS-86MH
リール:ダイワ セルテート2500R カスタム IOSファクトリーチューン
ライン:バリバス スーパートラウトアドバンス 12lb
ルアー:アングラーズリパブリック マスメシMM-90MDF、バスディ シュガーディープ90F他

問い合わせ
富山漁業漁業協同組合 http://www.tomigyo.com/
※サクラマス遊漁は抽選により年間70名に制限されています。ご注意下さい。


レポート&コラム トップページへ