MIZUKAN
National Association for Local Water Environment Groups
http://www.mizukan.or.jp




〈全国水環境交流会通信 From U.K. 第9号〉
1st August 1998
 全国水環境交流会の皆様、こんにちは
 小渕内閣がスタートし、日本も新しい経済再生の道を歩き出しましたね。今日は久しぶりに日本の新聞を買いました。さて、川づくりへの影響は?いい方向に進んでくれることを期待します。話は変わりますが、メール送信用に借りたモデムカードをモバイルギア(MK12)に挿したらあっさり動きました。これからは海外旅行にパソコンとPDAは必需品になるのでは?
(今回のお知らせ)
■1.事務局より
■2.日本の川は?
■3.Meadow Management
■4.「青少年教育とかわ」 メーリングリスト 開設(準備)のお知らせ
//////////////////////////////////////////////////////////////////////
■1.事務局より
 既にお気づきの方も多いと思いますが、現在、私、犬山がイギリスにいるため、このニュースは東京の事務局斉藤が配信しております。事務局の都合で申し訳ないのですが、配信の停止,その他問い合わせについては斉藤までよろしくお願いします(※現在は担当がかわっています)。
■2.日本の川は?
7月27日(月)
 Hollybushの人たちにスライドを見せました。事前にレジュメを用意しようと思ったが週末はゴロゴロしてしまったので、結局説明だけになってしまい、単語は調べておいたものの、やはりうまく伝えるのは難しく、うまく伝わったかは疑問です。こんなことになるのならしっかりスライドを選んでくれば良かったと今更思ったのですが、何か少し偏ったものになってしまいました。紹介したのは震災で水の抜けた神戸の川、鹿児島・熊本の石橋、フランス式砂防(松本の近く?)、渋谷川(既に川ではない部分も)、呑川(大田区)、谷川(飯田市)、隅田川、音無川親水公園(北区?)、一雲斉川と33番池(磐田市)、浅川・程久保川ワンド(日野市)、多摩川の堰(宿河原?)、引地川(大和市)、根川緑道(立川市)、平井川(東京都)、梅田川(横浜市)、伝統工法(信濃川)、海部川・吉野川(四国、いい川の例として)。メンバーは川を中心に活動しているメンバーではないのでどうかと思いましたが、楽しんでもらえたのではと勝手に思っています。
 質問がいくつかありました。
その1 「引地川で使った椰子の繊維で出来たロールはどこから持ってきたのか。」「ドイツ製です。」「ドイツで椰子は取れないのでは?」「多分東南アジアで取れたものです。」「一度ドイツに持っていってそれから日本に持ってくるのか。」「その通り。」「値段が高いはずだ。」
その2 「多摩川の魚の種類に合わせて作られた魚道は機能しているのか。」「水が少ないことが多いので、私の見る限りでは魚が上がっているのを見たことがない。」「それでは何で作ったのか?」「・・・」
 他にも「日本の伝統工法(粗だ)は見た目にも美しい。」などといった具合でした。
■3.Meadow Management
7月28日(火)〜30日(木)
 BTCVの仕事でBrockadale Nature Reserveへでかけました。はじめはNatural Step Constructionと書いてあったので今日は楽しそうそうだなあと思っていましたが、今回も草刈りでした。参加者はスタッフを含めて7人(2日目は10人)。1日中、大きな鎌みたいな「スラッシャー」という道具を使っての作業なので、かなりきつく、そろそろ肉体労働は疲れてきたので、文献調査などを始めてみようかと思い始めました。かなりやわな私です。左手には数カ所水膨れが出来、既に固くなっています。翌朝はひどい腰痛でしたが、懲りずに3日間参加しました。おかげで夕食時に飲むビールはとてもおいしく感じられました。とても地道な活動ですが、イギリスの環境保全には欠かせないものです。日本で1日中ボランティアで草刈りなんて言ったらみんなやらないでしょうね。ただ、どうやら参加者は昼食とお茶の時間のおしゃべりを楽しみに来ているような気がします。個人的には日本での活動のヒントがつかめたような気がしました。

〈全国水環境交流会通信 From U.K. 第10号〉
9th August 1998
 今週はRiver Ocean Research & Educationを明日訪問するためイギリス南部のBrightonからお送りします。南部ではやっと夏らしくなってきて、気温が30度近くまで上がっています。今日は今年一番の暑さでした。海岸は人で一杯です。海はきれいですが、水温が低く、みんな泳ぐというよりは日光浴がメインのようです。ここに来る前に他の町で友人に会ったため、今週は2日しか動いていません。

(今回のお知らせ)
■1.Golden Acre Park
■2.Rothwell Colliery Project
//////////////////////////////////////////////////////////////////////
■1.Golden Acre Park
8月4日(火)
 いつも通りHollybushの活動に参加しました。今回は市内Golden Acre Parkの森の間引き作業をしました。公園と言っても広大で、この森は公園内の利用者を道路の騒音・排ガスから守るため、Wildlifeのため、材木のため(この理由は少ないらしいのですが)に植えられたもので、12種類のネイティブな樹種で構成されているそうです。作業はチェーンソーなどは使わず、ノコギリとナタで切り倒していきます。これは、チェーンソーお金がかかる、ボランティアには難しい、機械でやるほど太い木ではないとの理由からだそうです。確かに多少時間はかかりますが、目通り20cm以下の細い木なのでそれほど大変な作業ではありませんでした。

■2.Rothwell Colliery Project
8月5日(水)
 Groundworkが手がけるRothwell Colliery Projectを見ようと自転車で出かけました。場所を聞こうとたまたま寄ったコミュニティーセンターでGWの人に会って、「今日は子どもたちを連れてChesterfordへ遊びに行くので一緒にどうか?」というので同行させてもらうことにしました。今は夏休みなので、毎週水曜日は子供向けのプログラムが用意されているそうです。特に環境教育みたいな事はしませんでしたが、公園で遊んで帰ってきたのが夕方になってしまったので、結局現場は見られずじまいでした。今週改めて行くつもりです。

Back to 1998 その7へ

その1 その2 その3 その4 その5 その6 その7 その8 その9
レポート&コラム トップページへ

確かに日本製ではない。

大きな鎌を振り回しての草刈り。

保養地としても有名なブライトン。

安全第一。ヘルメットは必ずかぶって。